1: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 09:36:16.26 _USER9
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00010001-saga-l41



佐賀の七賢人アンケート 

7人の全正答10%

佐賀市が市民500人を対象に幕末維新期に活躍した「佐賀の七賢人」の知名度を調査
したところ、7人全員の名前を答えられた人は10・2%で、逆に一人も答えられなかった
人は25・4%だった。回答が多かったのは早稲田大学創設者の大隈重信で6割を超えた。
市は「来年は明治維新150年。企画展などを通じて、多くの人の目に触れるようしていきたい」
と知名度アップに努める。

調査は明治維新150年事業の参考にしようと、市が初めて実施した。8月6日、佐賀市の
ゆめタウン佐賀と栄の国まつりの会場で、10代~70代に七賢人のフルネームを口頭で
答えてもらった。

七賢人全員の名前を答えた市民51人に対し、一人も回答できなかった市民は127人に上った。
10代、20代が回答に窮した。

正答率は大隈重信が64・2%、次いで日本赤十字社を創設した佐野常民42・2%、初代司法卿の
江藤新平39・4%、佐賀藩10代藩主鍋島直正は38・6%。外務卿で能書家として有名な副島種臣は
27・4%、北海道の開拓に貢献した島義勇20・6%、初代文部卿の大木喬任16・2%だった。

市企画調整部は、知名度にばらつきが出た調査結果について「要因の一つに、記念館などの
施設が認知度と結び付いている」と分析している。

3: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 09:37:53.86 
維新十傑の江藤新平ぐらいは知ってるだろうに 

565: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 13:22:33.02 
>>3 
最後があれだからな・・・・・ 

662: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 15:30:39.48 
>>3 
それが佐賀の人だと知らないのが問題なんじゃないの? 

763: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 21:24:11.26 
>>3 
地元の偉人知らん奴たまに居るぞ。俺の昔の友達も渋沢栄一なんてジジイの像どかしてふっかちゃんの像建てる方がいいwwwとか言い出してたからな 

25: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 09:44:52.86 
佐賀と言えば、牟田口隊長 
圧倒的知名度、大隈はそれほどでもない 

166: 幕末まとめ 2017/09/07(木) 10:18:44.61 
>>25 
あとは徐福さんだw 


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 18:58:31.47 _USER9
 鹿児島県薩摩川内市内にある西郷隆盛の像が、相次いで姿を消すことになった。西郷ゆかりの湯として知られる同市の川内高城温泉で、長年PRに活躍してきた「西郷隆盛入浴像」の建て替え、撤去の計画が進んでいる。来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」放送と明治維新150周年を前に、市が1600万円(県補助800万円)をかけてリニューアルを進める。

 川内高城温泉は、市内の山あいにある温泉地で、温泉好きの西郷が近くで狩りを楽しんだ後、疲れを癒やしたとされている。

 西郷像は温泉地の入り口にあり、1990年に放送された大河ドラマ「翔(と)ぶが如(ごと)く」にあわせて地元商工会が設置したものだという。

 がっしりしたイメージよりもスリムな西郷が岩風呂につかっている姿だが、ツルツルした肌は次第に青白くなり、「古井戸から現れた幽霊」のようになってきたため、新しい像に建て替えることになった。

 近くには西郷の愛犬「つん」の座像も置く予定で、デザインなどについては地元と協議したうえで、来年3月末までの完成をめざすという。

 また、同市西方町の国道3号沿いにも、川内高城温泉への案内板とともに西郷が入浴する像がある。市によると、傷みが激しいため、この像は撤去する予定だという。(城戸康秀)

http://www.asahi.com/articles/ASK8K4WTLK8KTLTB008.html
no title

no title
8: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 19:01:58.69 
>>1 
怖すぎヤバイ 

47: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 19:13:41.94 
>>8 
夜みたら怖いね。 



15: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 19:03:53.78 
どうしてこうなったwww 

20: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 19:04:51.92 
なおしてもww 
コンセプトからして駄目だろうwww 

40: 幕末まとめ 2017/09/10(日) 19:10:46.49 
思った以上に白かったw
 


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/09/14(木) 00:03:57.34 _USER9
 幕末の寺田屋事件で坂本龍馬が幕府側に襲撃された際、現場に残したとされる書面に薩摩、長州の両藩が協力して幕府側を京都から追い払う取り決めがあったと記した文書が鳥取県立博物館で見つかったことが13日、分かった。下関市立歴史博物館(山口県)の田中洋一学芸員が特別展に向けた調査で発見した。

 慶応2(1866)年の寺田屋事件で薩摩藩邸に逃げ込んで難を逃れた龍馬の荷物の中に残されていたとされる書面に関する文書。識者からは、薩長同盟は軍事同盟だったのかどうかや、龍馬の関与の度合いなどが議論になっているとして「新たな見方を提供する文書だ」と評価する声が出ている。

薩長同盟に関する記述が見つかった「京坂書通写」=13日(鳥取県立博物館所蔵)
no title


https://this.kiji.is/280678722576188922?c=39546741839462401


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 18:31:31.29 _USER9
1

関ヶ原武将子孫座談会 徳川氏遅刻で石田氏の表情険しくなる

http://www.news-postseven.com/archives/20170821_605508.html
https://parts.news-postseven.com/picture/2017/08/sekigahara_summit1.jpg
【戦国武将の子孫たちが集結(右から徳川氏、小早川氏、大谷氏、石田氏。撮影/塩原洋)】

 ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、
合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。

 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌・週刊ポストは「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫たちを招聘した。
 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、
対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。

 ところが、開始予定時刻になっても徳川氏が現われない。慌てた本誌記者が徳川氏の自宅に電話をするとまさかの本人が出た。

▽ 関連
【映画『関ヶ原』】岡田准一が「歴代最高の豊臣秀吉」と語る俳優『滝藤賢一』
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503307638/
36: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 19:02:05.43
脚本書いた奴だれだ!w

113: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 20:50:13.87
巌流島やないか。徳川の勝ちだ。


163: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 00:11:36.27
こんなもん、わざとに決まってるやん。 

旧公爵が素性もわからん自称西軍の生き残りと会ってやるのに、 
律儀に同じ目線で時間なんて守るかよwwwwww 

186: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 02:14:30.49 
>>163 
小早川なら華族やろ 
こいつが直系かは知らんけど 

191: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 11:17:20.57 
>>186 
石田と大谷が居る時点で同じこと。 

小早川は旧男爵だが、明治維新後に毛利家の分家として再興された家のようだ。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/14(月) 21:41:55.85 _USER9 BE:163221131-PLT(44444)
no title

当時の木製水道管などが展示された五稜郭の「兵糧庫」の特別公開=北海道函館市で2017年8月14日午後1時12分、山田泰雄撮影

 北海道函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡で、1864(元治元)年に箱館奉行所の米蔵として建築された「兵糧庫」が31日まで特別公開されており、大勢の観光客が歴史ロマンを堪能(たんのう)している。

 兵糧庫は明治新政府軍と旧幕府軍が最後に戦った箱館戦争後、唯一解体を免れた建物。創建時の柱や梁(はり)が残り、実際に敷かれた木製水道管や沈没した新政府軍の軍艦の一部が展示されている。

 入場無料で公開は午前10時~午後3時。「幕末史の1ページ」を感じさせる存在感のためか、訪れた東京都江戸川区の西村勝子さん(70)は「まるで時代劇のような感じ」と感心しきりだった。【山田泰雄】

https://mainichi.jp/articles/20170815/k00/00m/040/092000c


続きを読む

↑このページのトップヘ