1: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 18:31:31.29 _USER9
1

関ヶ原武将子孫座談会 徳川氏遅刻で石田氏の表情険しくなる

http://www.news-postseven.com/archives/20170821_605508.html
https://parts.news-postseven.com/picture/2017/08/sekigahara_summit1.jpg
【戦国武将の子孫たちが集結(右から徳川氏、小早川氏、大谷氏、石田氏。撮影/塩原洋)】

 ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、
合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。

 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌・週刊ポストは「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫たちを招聘した。
 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、
対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。

 ところが、開始予定時刻になっても徳川氏が現われない。慌てた本誌記者が徳川氏の自宅に電話をするとまさかの本人が出た。

▽ 関連
【映画『関ヶ原』】岡田准一が「歴代最高の豊臣秀吉」と語る俳優『滝藤賢一』
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503307638/
36: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 19:02:05.43
脚本書いた奴だれだ!w

113: 幕末まとめ 2017/08/21(月) 20:50:13.87
巌流島やないか。徳川の勝ちだ。


163: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 00:11:36.27
こんなもん、わざとに決まってるやん。 

旧公爵が素性もわからん自称西軍の生き残りと会ってやるのに、 
律儀に同じ目線で時間なんて守るかよwwwwww 

186: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 02:14:30.49 
>>163 
小早川なら華族やろ 
こいつが直系かは知らんけど 

191: 幕末まとめ 2017/08/22(火) 11:17:20.57 
>>186 
石田と大谷が居る時点で同じこと。 

小早川は旧男爵だが、明治維新後に毛利家の分家として再興された家のようだ。 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/14(月) 21:41:55.85 _USER9 BE:163221131-PLT(44444)
no title

当時の木製水道管などが展示された五稜郭の「兵糧庫」の特別公開=北海道函館市で2017年8月14日午後1時12分、山田泰雄撮影

 北海道函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡で、1864(元治元)年に箱館奉行所の米蔵として建築された「兵糧庫」が31日まで特別公開されており、大勢の観光客が歴史ロマンを堪能(たんのう)している。

 兵糧庫は明治新政府軍と旧幕府軍が最後に戦った箱館戦争後、唯一解体を免れた建物。創建時の柱や梁(はり)が残り、実際に敷かれた木製水道管や沈没した新政府軍の軍艦の一部が展示されている。

 入場無料で公開は午前10時~午後3時。「幕末史の1ページ」を感じさせる存在感のためか、訪れた東京都江戸川区の西村勝子さん(70)は「まるで時代劇のような感じ」と感心しきりだった。【山田泰雄】

https://mainichi.jp/articles/20170815/k00/00m/040/092000c


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/08/20(日)09:02:23 ID:8LD
明治から終戦までに北海道から関東地方に建てられた現存する建物をいくつか紹介していくよ

2: 幕末まとめ 2017/08/20(日)09:03:52 ID:8LD
東京駅:東京都
1914年完成のレンガ造
設計は辰野金吾

建築家、辰野金吾の代表建築の一つ
長大な駅舎に大ドームやその他の塔を配置し、非常に美しい外観となっている
1945年の空襲でアメリカ軍の焼夷弾が直撃し大火災が発生
終戦直後から体制を整えて仮の修復工事を行った
その後、駅舎の本格復元工事が2007年から開始され、2012年に完了した

完成当時の東京駅
no title

空爆によって被害を受けた東京駅
no title

仮修復時の東京駅
no title

現在の東京駅
no title

続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/08/16(水) 14:52:10.31 _USER9
1

 昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の脚本を担当し、ブームを巻き起こした劇作家・三谷幸喜氏(56)の新作ドラマがNHKで1年ぶりに制作されることが決定。正月時代劇として来年1月にNHK総合で放送されることが16日、分かった。同局が発表した。

 「真田丸」の後、三谷氏のドラマは今回が初。みなもと太郎氏(70)の大河歴史ギャグ漫画を原作にした「風雲児たち〜蘭学革命篇〜」で、今度の題材は前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”。片岡愛之助(45)新納慎也(42)山本耕史(40)草刈正雄(64)と「真田丸」を彩った俳優が再集結。「笑いとサスペンスに満ちた新しい三谷流歴史ドラマが誕生します」と銘打っており、大きな話題を呼びそうだ。

 「真田丸」は昨年10月にクランクアップ、12月に放送終了。その後、三谷氏は「エノケソ一代記」(11月27日〜12月26日)「不信〜彼女が嘘をつく理由」(3月7日〜4月30日)「子供の事情」(7月8日〜8月6日)と舞台を作・演出。「真田丸」の後、新作ドラマ脚本は今回が初となり、1年ぶりにNHKの時代劇に帰ってくる。

 西洋医学書「ターヘル・アナトミア」の日本初の和訳に一心同体で取り組んだ前野良沢と杉田玄白の2人。鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げた。しかし、刊行された「解体新書」には、なぜか良沢の名前は載らず、名声は玄白だけのものとなった。2人の間に一体、何が起きたのか…。

 この日発表されたキャストは4人。片岡が前野良沢、新納が杉田玄白、山本が平賀源内、草刈が田沼意次を演じる。4人とも「真田丸」の主要人物に扮し、ドラマを盛り上げた。草刈は主人公・真田信繁(堺雅人)の父・真田昌幸を演じ、MVP級の存在感で作品を牽引。山本の石田三成と片岡の大谷刑部コンビも視聴者の人気を誇った。新納は、従来は謀反を企てたことを理由に豊臣秀吉から切腹を命じられたという解釈が主流だったが、重圧に押しつぶされて自害したという新解釈で描かれた甥・豊臣秀次を好演した。

 演出は、現在はNHKエンタープライズの吉川邦夫氏。三谷氏が初の大河脚本を担当した「新選組!」(2004年)からの“参謀”。「真田丸」においてもプロデューサー5人体制のうちの1人として三谷氏と脚本作りに携わり、名作を生み出した。もともとはディレクターで「真田丸」も第4話「挑戦」の演出を担当した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/16/kiji/20170816s00041000125000c.html
2: 幕末まとめ 2017/08/16(水) 14:53:21.20 
風雲児たちって絶対未完で終わるよな… 

33: 幕末まとめ 2017/08/16(水) 15:28:50.37 
>>2 
最近前にも増して展開遅いしねえ… 
最新刊で寺田屋だったが池田屋までいける気がしない 
個人的には江戸編のほうが幕末編より面白かった 


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/08/08(火) 12:14:18.28 _USER9
no title

お弁当 
no title
 JR四国は9月23日から、土讃線の高知―窪川駅で、トロッコ列車「志国高知 幕末維新号」を走らせる。列車の外装は、坂本龍馬など土佐ゆかりの幕末の志士らをあしらったデザイン。高知県産品を使った特製弁当「龍馬のお弁当」も予約制で販売する。

 JR四国によると、列車に描かれるのは、龍馬のほか、中岡慎太郎、岩崎弥太郎、ジョン万次郎、吉村虎太郎、武市半平太の6人。高知県内で開催中の幕末維新博のPRとして、県が費用の約400万円を全額負担する。

 「龍馬のお弁当」は、土佐料理の店「魚菜 稲月」(同県土佐市)が製造する。カツオ、ウツボ、アユ、手長エビなどの海や川の幸、フルーツトマトやミョウガ、ショウガなどの県産野菜を使っている。税込み2千円。乗車4日前までに仁淀ブルー観光協議会へ申し込みが必要。

 運行初日の9月23日にはJR高知駅で出発式を行う予定。運行は土日祝を中心に、来年5月末まで。乗車券はJR四国各駅みどりの窓口などで販売する。

 問い合わせはJR四国電話案内センターへ
http://www.asahi.com/articles/ASK824135K82PLPB008.html



続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/07/26(水) 14:57:49.28 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
1
「幕末、最強の剣士」は結局のところ誰なのか「坂本龍馬、沖田総司、高杉晋作…」総合力は?
東洋経済 2017年07月26日

2017年6月、坂本龍馬が書いた直筆
手紙が新たに発見されました。

この手紙は、彼が暗殺される1年前の
慶応2年(1866年)に、兄・権平らに送ったものです。
手紙の前半には、その年の1月に遭遇した
「寺田屋での襲撃事件」が詳細に記載されています。

薩長同盟成立後、幕府は、これを仲介した龍馬を
指名手配し、潜伏先だった旅館「寺田屋」を襲撃しました。

このとき、数に勝る幕府の役人は、
龍馬を追い詰めながらも、
なかなか斬り込めませんでした。

それは、龍馬のもつ拳銃が脅威だったこともさることながら、
龍馬が「剣の達人」であるのを幕府側が知っていたからです。
終始尻込みした幕府の役人たちは、ついには彼を取り逃がしてしまいます。

幕末期には、龍馬をはじめ、新選組など
数多くの優れた剣士たちが各方面で活躍していましたが、
はたして誰がその中で「最も強かった」のでしょうか。

(後略)
http://toyokeizai.net/articles/-/180997
4: 幕末まとめ 2017/07/26(水) 15:00:44.91 
生き残った奴が最強、って事で 
斉藤と永倉 


6: 幕末まとめ 2017/07/26(水) 15:08:53.41 
新撰組はかなり過大評価されてるイメージしかない 


18: 幕末まとめ 2017/07/26(水) 15:20:27.83 
>>6 
弱かったら龍馬みたいに斬り殺されてる
続きを読む

↑このページのトップヘ