1: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:06:12.77 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000005-asahi-soci

西郷隆盛を描いた可能性がある新しい肖像画が、鹿児島県枕崎市で見つかった。
作者や制作年は不明で、西郷の遺品などを管理している鹿児島市の西郷南洲顕彰館が
今月から一般公開して情報を求めている。西郷ゆかりの縁者は「祖先から聞いていた
西郷さんの特徴がそろっている」と期待している。

肖像画が保管されていたのは、枕崎市宮田町の丸谷兼彦さん(87)、昭子さん(83)夫妻宅。
油絵で描かれ、サイズは縦54センチ、横45センチ。署名はなく、だれがいつ描いたのか
全くわかっていない。ただ、1926年ごろには昭子さんの実家の仏間に掲げられていたという。

これまでに外部に持ち出されたことはなく、兼彦さんは「西郷さんの肖像か真偽のほどは
わからないが、維新150周年の記念の年に多くの人に見てもらえたら」と話す。


新たに見つかった西郷隆盛と見られる肖像画
no title
58: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:19:50.70 
>>1 
待て待て 
銅像に似てないって話はどうなったんだよw 
めちゃめちゃ似てる 


288: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:24:28.20 
>>58 
だよな 


295: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:31:02.83 
>>288 
だから、銅像を見て描いた絵にすぎないのかも。 


104: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:34:34.90 
>>1 
これ、例の親戚の顔でしょ? 


122: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:38:41.63 
>>1 
綺麗なジャイアンw 

イケメンじゃんw 


187: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:26:21.05 
>>1 
今までのと同じじゃん 


193: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:36:37.06 
>>1 
西郷の銅像見て妹が誰?って言ってたんだっけ 


196: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:42:19.39 
>>193 
奥さんが「こんな人じゃない」みたいなことを言ったらしいよ。  
大河では黒木華がオープニングでやっていたな。 

続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 19:46:45.61
1

西郷吉之助(鈴木亮平)は年貢を司る役人の補佐となる。困った人は放っておけず悪しき農政に憤り家老にまで楯突(たてつ)く。やがて斉彬(渡辺謙)に直訴に行くが…。
53: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 20:04:52.03 
子役は1話だけでお役御免か 


62: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 20:05:26.98 
いきなり重たい話になってきたな 


63: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 20:05:29.11 
幼女売買 
バイバイ 


64: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 20:05:37.45 
米が台無し 


65: 幕末まとめ 2018/01/14(日) 20:05:38.07 
貴重なコメが(´・ω・`) 

続きを読む

1
1: 名無しさん 2018/01/01(月) 16:25:57.80 ID:hRShI5H5a
榎本武揚「降伏して生き延びようや」

官僚達「皆で生きようや」

歳三「もし生き延びたら近藤に合わす顔無いわ、生きたい奴は生きればエエで」新選組羽織ファサ

歳三「新選組副長、土方歳三出るやで、意地が命より重い奴だけ付いてこいや」

函館政権、幹部で唯一の戦死者

なんやねんこいつ、格好良すぎやん


続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/07(日) 14:19:24.06
天保11年(1840年)薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)ら町内の仲間と学問や剣術を切磋琢磨(せっさたくま)する日々を過ごしていた。
「妙円寺詣り」という藩最大の行事で小吉たちは一番乗りで寺に到着。
褒美をもらい薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをするが、小吉らに恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、小吉は二度と剣が振れなくなってしまう。

http://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livenhk/1515287800/
246: 幕末まとめ 2018/01/07(日) 20:05:04.58 
黒木華はよく武士の妻になるな 

99: 幕末まとめ 2018/01/07(日) 20:04:16.54 
黒木華 大河で出世したな 

110: 幕末まとめ 2018/01/07(日) 20:04:19.64 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

356: 幕末まとめ 2018/01/07(日) 20:05:33.64 
>>110 
最後のはaaになるだろwww 

続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/02(火) 10:21:30.14 _USER9
1

260年あまりにわたった徳川幕府の世に終わりを告げ、明治維新に向かう戊(ぼ)辰(しん)戦争の緒戦となった鳥羽伏見の戦いが起きたのは、大政奉還翌年の慶応4(1868)年1月。今年の正月、日本史の転換点からちょうど150年の時が流れる。近代国家建設を目指した新政府軍と旧幕府軍がにらみあった激戦の地(現・京都市南区、伏見区)は今、どのように変化し、痕跡を残しているのか。霊山歴史館(同市東山区)の木村幸比古(さちひこ)副館長(69)とともに訪ね歩いた。(池田祥子)

■伏見

 「明治維新は、王政復古の大号令と、段階的に新国家像を描きながら進んだ改革。戦いは日本の平定に必要な前哨戦だった」。当時の事情に詳しい木村氏が、改めて鳥羽伏見の戦いの意義を語った。

 正月早々4日間にわたった戦いは、鳥羽と伏見の2つの地が舞台となった。城下町として栄えた伏見では、御香宮(ごこうのみや)神社に陣取る薩摩軍と、南約50メートルの伏見奉行所に本陣を置く旧幕府軍がにらみ合った。

 伏見の戦の端緒は、1月3日、北西約3キロの鳥羽・小枝橋で薩摩兵が放った1発の銃砲だった。奉行所にいた旧幕府方の新選組副長、土方歳三も銃声と閃光(せんこう)を確認したという。火ぶたが切られ、激戦が続いたが、薩摩軍が撃った砲弾が奉行所の火薬庫に命中し、大爆発した。

 この砲弾が放たれたのは、同神社東側の高台。眼下には現在マンションが立ち並んでおり、奉行所があった場所は視界から遮られているが、木村氏は「かつてはしっかりと奉行所が見渡せたはずだ」と思い巡らせる。広大な奉行所跡は明治以降、旧陸軍が所有し、現在は市営桃陵(とうりょう)団地に。敷地からは薩摩軍のものとみられる砲弾も見つかった。

近くの料亭「魚三楼(うおさぶろう)」の表の格子には、生々しい当時の銃撃戦の弾痕がある。この戦乱で伏見の街の南半分が焼失したが、この店は運良く免れ、同神社の杜とともに往事をしのばせる。

 4日、明治天皇の命令を受けた仁和寺宮嘉彰親王が征東大将軍になり、5日に新政府軍は「錦の御旗」を掲げた。旧幕府軍は兵力では圧倒していたが、たちまち「賊軍」となり、勝負は決した。

 「新政府軍だけでなく、徳川慶喜も、おそらく大政奉還の先に新たな国家を見据えていただろう」。木村氏はそう推察し「世界地図を念頭に新しい国を生み出すために、明治維新は避けては通れない道だった」と語った。

■鳥羽

 鳥羽の戦いは、城南宮周辺で起こった。木村氏は、境内にある文久元(1861)年建立の石造りの鳥居を見上げ「戦の一部始終を見ていただろう」と思いをはせた。

 慶応4年1月3日、新政府軍は城南宮から小枝橋に続く参道に陣を構え、旧幕府軍と長時間対峙(たいじ)した。

 突如、小枝橋で薩摩兵が挑発のため撃った一発で戦いの幕は上がった。

 〈鳥羽一発の砲声は、百万の味方を得たるよりも嬉しかりし〉

 北に約3キロ離れた薩摩軍の本陣、東寺(南区)の五重塔から遠眼鏡で状況を見守っていた総指揮官の西郷隆盛は喜んだという。「倒幕が目的だった西郷としては、戦が勃発したことで旧幕府軍を朝敵として討てるという大義名分ができた」。木村氏が説明する。

城南宮の西350メートルの小枝橋周辺。木村氏によると、戦後は田畑が多かったが、現在は住宅や工場が立ち並び、西郷がいた五重塔も見えない。150年前の記憶は、小枝橋近くと鳥羽離宮跡公園にある石碑のみに刻まれている。

  


 鳥羽伏見の戦い 王政復古の大号令の後、将軍家の領地返納を強行採決した薩長両藩に対し旧幕府側が1万5千人で挙兵。大坂から京に進攻し、両藩兵ら4500人が迎え撃った。慶応4年1月3日、鳥羽と伏見で衝突したが、「官軍」となった新政府軍が旧幕府軍を圧倒し、6日に戦が終わり、徳川慶喜は江戸へ逃れた。

http://www.sankei.com/west/news/180102/wst1801020009-n1.html


続きを読む

1: 幕末まとめ  2018/01/05(金) 13:18:19.74
1

大河ドラマ『西郷どん』が1月7日に初回放送を迎える。
林真理子氏の人気原作を、脚本家の中園ミホ氏がどうアレンジするかに注目が集まる。

そんななか、さっそく原作にはない衝撃展開が待っていると、NHK関係者が明かす。

「20代の西郷が、薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)を裏切り、
斉彬の娘・篤姫(北川景子)との逃避行を決意するんです。
原作でも史実でもこの頃、篤姫との絡みはほぼなかったはずなので、台本を読んで驚きました」

ドラマでは身分の差もどこへやら、西郷が江戸の藩邸勤めになると篤姫との親交は一気に深まる。
斉彬の悲願であった13代将軍徳川家定(又吉直樹)との結婚に思い悩む篤姫。
そんななか発生した安政の大地震で、西郷は余震も収まらぬなか篤姫を探しに行く。
無事を確認した矢先、大きな余震が発生。
落ちてくる瓦礫から守るため、西郷は篤姫の上に覆い被さる体勢に。

すると、篤姫が西郷を見つめ、
「西郷、一緒に逃げよう」「このまま私を連れ去ってほしい」と囁くのだ。
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_640721?ptadid=


続きを読む

↑このページのトップヘ