main3
1: 幕末めとめ 2017/02/11(土) 13:16:59.09 BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
明治150年 歴史に向きあう誠実さ


来年は明治元年から数えて満150年にあたる。

 政府は記念の施策を行うことを決め、明治期に関する文書・写真の収集とデジタル化、活躍した若者や女性の
発掘、ゆかりのある建築物の公開などにとり組むよう、各省庁に指示した。

 気になるのは、全体をつらぬく礼賛ムードだ。

 政府は「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」とうたう。「明治の精神」とは何か。列記されているのは機会の
平等、チャレンジ精神、和魂洋才だ。

一方で富国強兵の国策の下、生命を失い人権を侵された内外の大勢の市民、破壊された自然、失われた文化が
あるのも事実だ。
 歴史の光の部分のみ見て、影から目を背けるのはごまかしであり、知的退廃に他ならない。
「坂の上の雲」を追いかけ、近代化をなしとげた歩みだけが強調されている。

 関連で注意すべき動きもある。文化の日を「明治の日」に改称させようという運動だ。

こうした経緯を踏まえず、「明治の栄光」を訴えるふるまいには、時代錯誤の一言で片づけられない危うさを感じる。

http://www.asahi.com/paper/editorial2.html
37: 幕末めとめ 2017/02/11(土) 13:42:55.21 
>>1 
明治以後近代制度を取り入れ日露戦争の勝利があったからこそ紆余曲折はあったにしろ日本とアジア諸国はここまでなれたんだがな 
明治維新を否定する事は黄色人種の民族自決を否定するのと同じ 

48: 幕末めとめ 2017/02/11(土) 13:52:25.42 
>>1 
> 関連で注意すべき動きもある。文化の日を「明治の日」に改称させようという運動だ 

どうでもいいけれど 
文化の日は元々明治節(つうか天長節←明治天皇の誕生日)であって 
憲法とか文化とは何の関係もない 

67: 幕末めとめ 2017/02/11(土) 14:10:04.21 
>>48 
多分、知らなかったんだろうね 
すこし調べれば理由わかるのに


続きを読む

89Y8FE38El94D495F682EA97AC94z92n907D2
1: 幕末まとめ  2014/05/09(金) 14:36:04.87 0
幕府や明治政府から迫害を受けても密かに異国の神を信じ続けた
彼等は隠れながら(他人の目を欺きながら)自分が信じた物を護り通し生き抜いた

彼等が後に命懸けでキリシタンである事を名乗り出た行為がキッカケで
明治政府の弾圧が諸外国からの反感を買い
今の日本の信教の自由へと繋がった

神って目に見えるものじゃないし形あるものでもない
漠然とした救いに命を掛ける事が良い事か悪い事かは置いておき
彼等の勇気ある声と勇気ある行動が政府を動かした事実には素直に感心しちゃう

今で言うとスパイダーマンやスーパーマンみたいな生き様だよ
本当の素顔は正義のヒーローだけど普段は冴えない一般人を装ってる
しかし揺るがない信念と己の正義を決して失わない

俺たちはご先祖様の様々な勇気ある行動の延長線上に生きてる
平和が当たり前 自由が当たり前だと思えるのは全て血を流し戦ってくれたご先祖様のおかげだね
自由と平和を受け継いだ俺たちは
これからどんな世界を子孫に遺していけるのかちょっとワクワクしちゃうね

7: 幕末まとめ  2014/05/09(金) 14:42:52.58 0
つまらないしまったくワクワクしないので終了 


8: 幕末まとめ  2014/05/09(金) 14:46:20.34 0
日本とタイは国を守って宗教も守った 

ほかの植民地を見てみろ?
続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/01(水) 05:21:05.54 _USER9
子供がいないことを理由にした離縁状(群馬県立文書館提供)
no title


 江戸時代、子供がいないことを理由に夫が妻に渡した「三行半(みくだりはん)」(離縁状)が、三行半研究の第一人者の群馬県太田市立縁切寺満徳寺資料館名誉館長、高木侃(ただし)さん(75)の調査で初めて見つかった。三行半は離縁理由を記載しない例が多く、高木さんは「極めて貴重な史料だ」と驚いている。

 この三行半は安政5(1858)年7月、道之助がおげんに宛てたもの。文中「未ダ一子もこれなく(中略)今般利(離)縁致候」と記載されている。

 高木さんの研究によると、江戸時代の離縁状は離縁する理由を書いていないものが最も多く、次いで、現代の一身上の都合に当たる「我等勝手」など抽象的表現にとどまっているのが一般的。親権の所在が記載されているケースはまれにあるという。

 この三行半は高木さんが調査中に太田市内の旧家で偶然見つけたもので、群馬県立文書館(前橋市)に寄託された。

 高木さんはこれまで、約1300通の三行半を調査している。

 「夫がよほど、子供を欲しかったのかもしれない」と話している。

http://www.sankei.com/life/news/170129/lif1701290011-n1.html

2: 名無しさん 2017/02/01(水) 05:22:29.96 
石女は離縁されて当然 


95: 名無しさん 2017/02/01(水) 09:46:50.06 
>>2 
夫の方に原因がある場合も多いよ 
豊臣秀吉みたいに 


101: 名無しさん 2017/02/01(水) 11:40:43.85 
>>2 
いまでこそ男性側にも不妊の原因があることかわかったが 
当時は女のせいだと思われていたからな
続きを読む

1
1: 幕末めとめ 2017/01/14(土) 04:29:25.53
桂小五郎
三条実美
由利公正

3: 幕末めとめ 2017/01/14(土) 04:31:39.24 
ほかはともかく桂はねーだろ 
長州の中心人物やんけ 

11: 幕末めとめ 2017/01/14(土) 04:33:43.99 
>>3 
中心で具体的に何してたんや 
明治になったらなったで大した事もせんまま死んだやんけ 

129: 幕末めとめ 2017/01/14(土) 05:21:16.29 
>>11 
高杉がクーデター起こした後の藩内のまとめ役 
薩長同盟のさいの藩内の反発を抑える役 

幹事長みたいなもんだな


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/01/13(金) 13:19:22.18 _USER9
慶応3(1867)年11月15日に暗殺された坂本龍馬が亡くなる5日前に書いた手紙が見つかり、高知県が13日、発表した。

越前藩の重臣宛てで、新政府設立に向けた人材の派遣を求める内容。「新国家」という言葉を使って説得するなど、
龍馬が新政府設立の根回しに奔走した姿がうかがえる貴重な史料という。

幕末関連の歴史史料を探していた県が見つけ、京都国立博物館などが筆跡や内容などから龍馬のものと断定した。

「一筆啓上仕候」で始まる手紙(縦16センチ、横92センチ)は11月10日の日付でその下に「龍馬」の署名もあり、
大政奉還後の新政府の財政担当者として、越前藩士、三岡八郎(後の由利公正)を差し出してほしいと、同藩の重臣・中根雪江に懇願する内容。
三岡の派遣について「急を要すること」とし「三岡の上京が一日先になったら新国家の家計(財政)の成立が一日先になってしまう」と訴えていた。

当時、龍馬は暗殺された京都の近江屋に滞在しており、手紙はここで書き上げ、使いの者が京都・二条城近くにあった越前藩邸を訪れていた中根に届けたとみられる。

三岡は明治天皇が新政府の基本姿勢を示した「五箇条の御誓文」の起草に参画したことで知られており、財政政策にも携わるなど、新政府を支える人物となった。

龍馬は手紙を出す約1週間前、福井を訪れて中根に三岡の派遣を要請したが、
前向きな返事をもらえなかったため、念押しの意味で、その後京都入りした中根に手紙を送ったとみられる。
しかし、越前藩は、すぐに行動を起こさず、三岡の上京が実現したのは龍馬暗殺の1カ月後だった。
その後、龍馬の手紙の封紙には、朱書きで「人に見せてはいけない」などとする付箋がつけられていた。

龍馬の手紙に詳しい京都国立博物館の宮川禎一・列品管理室長は「三岡の高い能力を見抜いていた龍馬の先見性を示す」とした上で、
「『新国家』という表現は、他の手紙で見たことはなく、龍馬の国づくりにかける熱い思いを表すものだ」と話している。

佛教大の青山忠正教授(明治維新史)の話「掛け軸や巻物などに加工されず、全くオリジナルな状態で保存されていたのには驚いた。
当時、手紙は回覧されることが多かったため、丁寧な筆致、文体で書かれており、宛先の中根雪江だけでなく、
藩主の松平春嶽や他の重臣にも読まれることを想定して書いたのだろう。
文中の『新国家』はどのような意味で使ったのか、今後の研究が期待される。
今日的な国家という意味に近ければ、当時の言葉では『天下』と書いただろう。『新たな主君』や『天皇』を意味した可能性もある」



坂本龍馬 高知城下で土佐藩郷士の家に生まれる。江戸に出て北辰一刀流を学んだ後、故郷に戻って尊皇攘夷を掲げた土佐勤王党に参加。
その後に脱藩し、討幕運動に携わった。
この間に幕臣の勝海舟や長州藩の木戸孝允、薩摩藩の西郷隆盛らと交流。
日本最初の商社と言われ、後に海援隊となる亀山社中を結成し、薩長同盟や大政奉還の実現に尽力した。
宿泊していた京都の近江屋で、盟友の中岡慎太郎らといたところを襲撃され、暗殺された。

http://news.livedoor.com/article/detail/12536466/
2017年1月13日 13時2分 産経新聞

no title

no title

324: 幕末まとめ 2017/01/13(金) 16:45:07.70 
有名なエピソードだけど裏付けが出てきたってことか


続きを読む

2
1: 幕末まとめ 2017/01/12(木) 11:55:30.27 BE:843678962-2BP(6000)
 京都の指定暴力団・会津小鉄会の本部に11日、六代目山口組と神戸山口組の組員らが集まり一時騒然となりました。警察は山口組分裂の余波とみて警戒を強めています。

 京都市下京区にある会津小鉄会の本部に集まる組員ら。100人以上の機動隊員が警戒に当たります。捜査関係者によりますと、
本部の中には会津小鉄会の馬場美次会長のほか神戸山口組の幹部らが陣取り、その外側を六代目山口組系の組員らが取り囲んでいるということです。

その理由は…<奪い合い!?>
 
 会津小鉄会はもともと六代目山口組と親密でしたが、分裂後神戸山口組との関係を強化したため、2つの組織の間で綱引きが起きているということです。馬場会長は先月、
詐欺の罪で実刑判決を受け去就が注目されていましたが、10日、馬場会長が引退するという内容の文書が出回ったため緊張が高まったとみられています。

 警察は他の団体を巻き込んだ抗争に発展しかねないとして、警戒を強めています。

http://www.mbs.jp/news/kansai/20170111/00000062.shtml
8: 幕末まとめ 2017/01/12(木) 12:01:13.02 
幕末のスレかとおもった
 
169: 幕末まとめ 2017/01/12(木) 14:32:01.66 
安倍関連で 
未だに戊辰引きずってんのかと思ったら 
外道どもが騒いでんのか 


精々流れ弾で歯医者さんころさんようにな 


続きを読む

↑このページのトップヘ