1
1: 日本@名無史さん 投稿日:2010/05/22(土) 19:52:47
結果的に日本は領土的な植民地にはならなかったから
1854年日米和親条約がベストだったとはいえるだろうけど、
1844年のオランダ国王親書での開国や、1846年のビットルとの
平和裏な通商交渉での開国もよかったのではないか?
あるいは遡って国力がまだ低い時代のロシアと、レザノフ、
あるいはラスクマンの時にでも開国したらどうだったか。
さらには田沼意次の赤蝦夷交易とか。

続きを読む

1
1: 日本@名無史さん
幕末佐賀藩でアームストロング砲の製造が、本当に可能だったのか?
司馬遼太郎の小説「アームストロング砲」以来、無批判に製造説が広まっている。
日本史学者でも無責任に追随する椰子がいるが、いいかげんすぎないか?
文献史、軍事技術史、製鉄史的にアームストロング砲を語れ!!

続きを読む

1
1: 1 ◆T5NknG5JW2
気狂いじみた西洋文化の取り入れ、脱藩を許さぬ統率力、幕末最上位の藩力を持ちながら
混迷する幕末情勢にほとんど関与しなかった異色の開明君主

何もしなかった閑叟は何がしたくて何をしたのか?
幕末の開明君主でも特異な存在である肥前佐賀藩藩主 鍋島直正について語って頂きたし。


続きを読む

↑このページのトップヘ