1
1: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 18:55:14.07
 幕末の志士武市半平太(瑞山)の獄中詩が書かれた掛け軸が
高知市の民家で見つかり、14日、高知市立竜馬の生まれた
まち記念館が発表した。「(現体制への)恨み限りなし」と
元土佐藩主山内容堂への不満を表現している。

 獄中詩は七言絶句の漢詩。京都で友人らと会って政敵を倒した
夢を見るが、目が覚めて牢に居ることに気づいて限りない恨みを
抱いた、という内容。武市の漢詩を集めた「泣血(きゅうけつ)録」
にも収録されている。

 詩が書かれた紙は縦120センチ、横28センチ。付属文書によると、
武市を敬愛する牢番が書いてもらったものを、近くに住む豪商が
入手したとされる。

 鑑定した高知県佐川町立青山文庫の松岡司名誉館長は「武市の漢詩
のみが書かれた紙としては唯一の史料だろう。容堂への恨みが素直に出ており、
本心がよく表れている」と評価する。

 武市は坂本竜馬も参加した土佐勤王党の盟主。土佐藩政に大きな
影響力を持ったが、山内容堂の怒りを買って1863年投獄され、
2年後に切腹を命じられた。

ソース:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/07/14/kiji/K20110714001208700.html


21: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:14:28.98 ID:43/eN6W+0
やっぱ山内容堂嫌いだったんだな。 
別に龍馬伝をまに受けていたわけじゃないが。


4: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 18:57:59.46 ID:rfTstV140
こういうのが残っているってすごいよね 
15: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:11:51.54 ID:2ZPZ3BKXO
切腹の時、介錯拒否して腹を三回さばいたのはガチ

587: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 02:16:12.35 ID:SkDZHWz5P
山内容堂「武市!腹を切りや」 


武市「(ザシュ)ぐはぁ!・・・」 

武市「ハァハァ・・・まだまだ!(ザシュ) 

武市「ぐはぁ・・・ハァハァ・・・まだだ!(ザシュ)」 

後藤「お見事!!」 


だったっけか。
 
18: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:13:05.34 ID:hRdPXc9E0
テロリストのリーダーというイメージ。

140: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:01:14.34 ID:qh1/UaE40
>>18
典型的ジャコバン派という気がする

380: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 23:41:28.58 ID:fwrAff5m0
>>18
先日死んだ赤軍指導者の某を思わせる小物っぷりw

20: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:13:38.41 ID:OwZJn/zlO
武市先生の嫁を現代の女どもは見習うべき

武市 富子(たけち とみこ、天保元年(1830年) - 大正6年(1917年4月23日)は、幕末の志士・武市瑞山の妻。高知藩郷士・島村雅風 (源次郎)の長女。ロシア正教日本人初の司祭沢辺琢磨は従弟。

嘉永2年(1849年)、武市瑞山に嫁ぐ。夫の瑞山は土佐の若手志士たちと交流が深く、富子はたびたび訪れる志士たちの応対に努め、夫を助けた。文久3年(1863年)、瑞山が投獄されると、自分も夫の辛苦を共にするために、その日以来、板の間で寝て決して畳で眠らず、夏は蚊帳をせず、冬は蒲団を使わずに過ごしたという。慶応元年(1865年)夫が切腹となると家財の尽くを没収され、困窮を内職でもって生計を立てた。

瑞山との間には実子は無かったが、養子に半太を迎え、共に東京に引っ越すも、明治45年(1912年)、半太とともに土佐に帰郷した。

叔父が島村雅事、従弟が島村衛吉である。


27: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:18:00.41 ID:OVE3hdJJO
武市は所詮、郷士の身分
まともに相手にされるわけがない

44: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:29:56.12 ID:93zA9eBl0
月形半平太

46: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:30:13.26 ID:HXcxgObH0
竜馬がいくでは清廉の人ってイメージだったんだけどなあ。
意外や小物臭い人だったのか。
俺の好きな高杉晋作が実はこんなだったらイヤだな・・

48: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:32:56.71 ID:pVIoNfaA0
>>46
背は低かったみたいだな。ただ、性格とかは伝えられてるようなもんかと。

49: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:33:14.25 ID:RaWvhfuc0
>>46
高杉は身内や同士に送った手紙などを見る限りそうは思えないけどね

72: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:04:11.49 ID:sK6m4zCHO
>>46
高杉はひたすら毛利家命のガチガチの身分主義者ではあるが、
使えるからという理由で奇兵隊作るあたり柔軟性はあるよな
小物くさいというか手紙見ると真面目な若者って感じ

149: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:06:45.01 ID:OLNgs+ic0
>>46
半平太って、民主の岡田みたいな感じじゃないのかね
原理主義者
清廉というか、贈物も断るようだし

吉田松陰にもそんな印象を受ける
松陰の方がキチガイじみてるがw

155: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:09:30.03 ID:2F2bvGV80
>>149
龍馬は何だかんだでカリスマ性があった。

岡田に完全にかけてるものだろう>カリスマ性

900: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/16(土) 10:04:57.93 ID:wNOU0M8B0
>>46
身分の低い岡田以蔵をウザがってたという話からして小者臭プンプン

58: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:43:44.43 ID:lu5S/gBV0
どうもこの男は言わなくて良い事を言わなくて良い場所で言っちまってる印象しかないw
硬骨漢というのはどうしてこうなのか

64: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:53:57.20 ID:H1Wuwwu60
>>58
身内だけの世界しか知らない奴が身内に持ち上げられて外に出てはいいけど
現実見えずに身内だけの世界にいるつもりで突っ走る奴はそういうの多いな

62: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:52:17.24 ID:G83EfD3J0
>>58
忠臣というのはそういうものだ
はなから諫死覚悟で帰国してる

65: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:54:47.11 ID:MzHMZdj4O
>>62
殿様に諌言して切腹を賜るんだな
武士道とは、やれやれだぜ…

59: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:45:56.94 ID:UGMcJBh90
山内ようどうも、かなりのガキのカスだった事は確かだろうけど。

63: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 19:53:11.82 ID:RiRuowUM0
容堂が武市の牢屋に来て直々に誉めたのに感激して晴れ晴れと切腹が
通説じゃなかったのか

69: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:00:50.36 ID:HdTOHf6Y0
>>63 体面と本分の違いでは・・・

73: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:05:06.21 ID:G83EfD3J0
切腹だけでも地獄の苦しみ
大戦の時切腹しようとして痛みで気絶し生き延びた奴が居るくらいだからな
三文時出来たのは現在まで武市くらい
現代人で及ぶものは世界にもなし

78: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:10:35.35 ID:Xt4LaUqK0
いや、安政の大獄を起こした幕府は極悪で
朝廷まで無視した打ち倒すべき政権。

それに対しての天誅だから、武市は正義だと思うがな。
山内はコロコロ立場変える最低な人間だろう。

89: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:23:21.99 ID:IuNAvZHf0
>>78
竜馬や中岡は山内の本音が何処にあるか正確に見抜いてた。
つーか、あのバリバリ佐幕派のおっさんを誤解する方が難しい、どう考えても武市は自分に
都合のいい勘違い野郎もいいところ。
まぁ、例えばここの自民信者なんて考え方が武市そっくりだからコレが正義だとか強弁した
がるのは分かるけども、俺からすりゃアフォらしいとしか言いようが無いなw

335: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 23:06:46.27 ID:DEjHdta60
>>89
何でもかんでもジミンガーとか見苦し過ぎる

85: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:19:49.54 ID:FBJ7XO0d0
この時代で活躍した連中って みんな若いのな
20代~30代が多いだろ

この世代が日本を動かしてたんだから

今の20~30代が現代に日本国の将来を語っても
誰にも相手にされないのにw

369: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 23:32:37.27 ID:WgYG90Ba0
>>85
相手にされないのは今も昔も変わらないよ
ただ数の力で時代を動かしただけ

87: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:22:12.16 ID:bY7ph7uD0
ちっ!クソ容堂が!
なんで俺が牢にいれられなきゃいけねぇ~んだよっ!
そんで俺切腹?
ざっけんなっよ。ありえね~よっ!



痛いのやだぉ。。。

94: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:26:06.20 ID:a9/1C42u0
>>87
そんなこと考えていたら、腹を三回も切ることはできないだろうな

あまり好きな人物ではないけど、最近の日本の政治を見ると
現在一番必要な政治家かもな

101: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:32:13.42 ID:viMpjSdE0
まあ、容堂恨むだけうらめば良いさ。その殿様も40代で酒の飲み過ぎで脳溢血でくたばっている。
飲めば飲むほどぎゃあぎゃあ始まるチキンな殿様だったから、
さっさとけつ撒くって逃げ出せなかった武市の負け。

アホな上司に忠義は要らんw

102: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:35:49.40 ID:Xt4LaUqK0
欠点はだれでもあるわけで・・・・。
岡田のような盗賊(盗みで捕縛され自白した)を一番弟子にしていたり
時間が足りなかったり。

武市は、高杉の異人館襲撃に反対していたり
竜馬の考えを聞いて、ある程度了解していた可能性がある。
高知帰国前に会っていたりするしな。

とにかく、幕府に対抗しようとした武市を一方的に罵るのは
日本の男として間違っている。

115: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:44:14.96 ID:2F2bvGV80
>>102
岡田は粗野であったが、盗みで捕まったのは追い詰められて食うに困ってのことだろう。
それに勉学の方での一番弟子ではない。

武市「あんなアホウは死ね。氏ねじゃなくて死ね!」って言ってるしな。

128: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:49:01.36 ID:Xt4LaUqK0
>>115
岡田は、寺にでも出すべきだった。
彼が心が弱いと知ってただろうに、先鋒にするのは間違いだな。
そういう間違いが武市にはあるが
例えば、配下が全てまともだった大名や大将など無いだろう。

幕府を誅する行動を起こしたのは、日本の男として正しい。

131: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:53:18.19 ID:orwUEB/G0
山内容堂は切腹させたことを後悔してたらしいな

136: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:58:34.48 ID:viMpjSdE0
>>131
それだけボンクラな殿様だったんだろうよ。
「あの時…」なーんて、歴史のif語っても意味がない。

晩年、新政府内で薩長に対抗できる土佐出身の人材不足を嘆いたみたいだが、
みーんな後の祭りw

133: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:55:01.36 ID:2F2bvGV80
>>131
そりゃ、そうだろう。最終的に勤王側に日本が動いたんだからさ。
だったら切腹させる意味なかったじゃんって話でさ。

135: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 20:58:24.80 ID:SjSgAVd40
>>133
長州嫌いの容堂がなぜか桂とはマブダチで、
桂と武市はかなり行動を共にしてたしな

160: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:12:31.08 ID:sK6m4zCHO
>>135
武市は木戸ではなく久坂に近いんじゃないの?


木戸が容堂に「何故武市を斬った?」と詰ったというのは何がソースなのだろうか。
仲の良い呑み友達とはいえ、そんな失礼な事聞かないだろうと思うがね

699: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:47:40.89 ID:BlSr52nS0
半平太を切腹に追いやったために、その後土佐藩からは攘夷派が消え 
薩長との連携もできず鳴かず飛ばず、維新後も薩長に半平太を切腹させたことを 
なじられ、毎日面白くなくて毎日酒を浴びるように飲みながら御前会議に出席し 
再びなじられ、とうとう御前会議にも出てこなくなり毎日料亭で散財しまくり 
山内家を没落寸前まで追い込んで酒の飲み過ぎにより脂肪。 

山内一族の鼻つまみ者。

704: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:57:11.93 ID:IA/JV3EF0
>>699 
容堂の哀れなところは、おそらくそうなる 
と本人自身がわかってただろうが山内家は 
徳川の庇護がなければ長宗我部に土佐では 
取って代わられる可能性のある立場である 
ということもよくわかっていたので時代の 
流れを見ながらその場その場で苦渋の決断 
を強いられたという事だろう・・・。 

徳川の後ろ盾がなくても取って代わられる 
可能性のない薩摩や長州にはなかった悩み。
 
146: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:05:11.02 ID:w2BlzPMOO
幕末物だとだいたい龍馬が好漢として描かれる反動で武市は陰謀家で小者っぽく描かれるけど、時勢に乗って一度は土佐を勤皇側に立たせたんだし、それなりにカリスマはあったんだろ。

147: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:05:35.76 ID:G83EfD3J0
そもそも武市ほどの人物は薩長にも居なかったんだよな
バラバラになりやすい土佐人を勢力として纏めれたのも後にも先にも武市だけ
長州リーダー格の久坂にも西郷より上と信頼されてたし
薩摩人にも西郷に匹敵すると評価されてた珍しい人物
薩摩人にとって西郷は神見たいなもんだから異常な評価
龍馬なんぞよりは明らかに格上の人物だよ

320: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:57:45.51 ID:QnLWwnmhO
薩長同盟も実は龍馬斡旋でなく、単なる立会人だったって説があるね。 
しかも会議には立会わず書類に裏書きしただけとか。 
まあ一種の顔役だったんかな。

323: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:59:43.05 ID:toqqTc650
>>320 
坂本龍馬に関しては諸説はあるけど、敵味方に通じたとんでもない人脈を 
持った人物であったことは間違いないよ。

328: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 23:02:29.38 ID:xrm3YorP0
>>320 
むしろその説の方が今は有力じゃないのかな 
ただ、それでもすごいことだけどね 

たとえば、韓国と北朝鮮の極秘密約に日本人のフリーターが保証人に 
なったとしたらどう思う?

676: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:20:07.51 ID:Aut/pZHw0
武市は日本全体を考えた! 
視野が広い東洋は土佐藩と保身しか目に入らなかった! 
長州も薩摩も攘夷してるし 
龍馬なんかが広い視野なんて馬鹿馬鹿しい、むしろ当時の志士として思想も活躍時期も遅い 
だから幕末の最期の方まで生き残れた 
まあ危ない少し目立つ活躍した途端に死んだけど 
最初の松蔭や中期で武市の様王政復古のレールや基礎作った人間は過小評価されやすい 
そもそも武市が居なきゃ龍馬自体活躍できてないだろ

680: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:26:25.21 ID:9KTrSWk90
>>676 
竜馬が活躍したかどうかは別にして 
半平太は関係ないだろ 
中岡慎太郎見れば、それくらい分かる

681: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:26:40.62 ID:IA/JV3EF0
>>676 
>>680 
ん?中岡は武市の弟子だが?

武市は龍馬のようなことは考えていなかったよ。 
龍馬に一番影響を与えてるのは勝海舟だ・・・。 

武市は京都で公家と接してる間に天皇を中心に 
見れば山内家よりも長宗我部の方が上であると 
悟ってしまっただけの話・・・。 

武市がやりたかったのは尊王攘夷であり龍馬が 
やったこととはあまり関係がない・・・。

689: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:31:28.78 ID:Aut/pZHw0
>>681 
尊王攘夷は天皇中心の政府を作り外的に備えるという考えでよ! 
薩長同盟、王政復古、親兵構想自体武市の考だが?

691: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:35:39.36 ID:IA/JV3EF0
>>689 
武市にはそんな大きな視野はない。 
武市の頭にあったのは尊王攘夷を達成すれば 
長宗我部である自分でも土佐で上に立てると 
いうその手の類いの野心だ。 

政敵を暗殺するタイプの人間は視野狭窄型だ。

698: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:45:27.24 ID:Aut/pZHw0
>>691 
つまり龍馬や中岡や久坂や高杉も皆しかりか 
なら当時みんな視野狭窄型しかい無いな

701: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/15(金) 05:52:35.74 ID:IA/JV3EF0
>>698 
視野狭窄型というのはアクティブだから 
物事を進めていく推進力にはなる・・・。 

久坂や高杉に較べれば龍馬は視野が広い。 
敵とも交渉出来る才能には視野の広さが 
不可欠だが、龍馬は当時の幕末の志士の 
中ではその能力はずば抜けてたと思う。
 
186: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:28:59.47 ID:zzq5Rhk40
武市も陰湿な上司と出会ってしまったことが
不運だった・・・。

いじめもあったと思われ。

199: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:38:22.46 ID:viMpjSdE0
>>186
スパッと脱藩して他で活動できなかったのが、武市の限界かな。
殿様をグダグダ恨むのも良いけれど、恨んでも後世に残ったのは志半ばで逝った人ってな評。
結局武市が望んだ勤皇に世の中転がったから、恨み節語って腹切るより逃げときゃ良かったかな。
明治の新政府まで、ヒットマンに殺されなきゃ日の目見た人物かなとは思う。

歴史にifは無いけれどもw

188: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:30:04.51 ID:JNza5HUm0
おーい龍馬を鵜呑みにするわけじゃないけど
この武市の逸話といい、漫画の上士による過酷な差別といい、本当だとすれば、どうして明治維新という革命のときに容堂や乾、後藤を含め、上士をギロチンにでもかけなかったのか
なんか史実上の出来事と今ひとつそぐわない気がするんだよな

192: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:32:33.55 ID:c5U8I5RG0
>>188
暗殺はちょくちょくやってたんじゃねぇの

189: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:30:45.55 ID:9w4kAOSTO
>>酒宴の際、山内容堂が家臣に「俺が武将であれば、誰に似ておるか?」と尋ねた。
家臣が「畏れながら毛利元就。」と答えると、容堂は寂しそうに
「東洋ならば、織田信長と答えただろう。」と言ったとされる。


今、吉田東洋でWiki検索したら
こんなのあったけど
容堂はめんどくさい奴だったんだろうな

194: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:33:36.81 ID:Mgociu7Q0
>>189
そこで「山内一豊」と言わないところが凄いな。
先祖無視。

198: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:37:48.64 ID:2F2bvGV80
>>194
容堂「俺が武将であれば、誰に似ておるか?」
部下「恐れながら山内一豊」
容堂「誰だよ、それ。もっとメジャーな奴いねぇのかよ・・・」

221: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:51:08.85 ID:viMpjSdE0
>>194
容堂のご先祖さんは地味に命懸けで頑張ったんだがなあwww
主君も信長、秀吉、家康と、当時の勝ち馬に上手く乗っているし、
時流を見る目は確実にあったとは思うわな。
頭の回転良過ぎる派手な天才と比較されても、努力家の凡夫にはきついが、
良く勤め運良く命繋いで、折角土佐一国の領主になったんだが、

悲惨な扱いだな、一豊はwww

225: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:54:31.28 ID:2F2bvGV80
>>221
考え方によっては頑張ったあげくに土佐に左遷されたとも言う・・・

247: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:02:52.53 ID:viMpjSdE0
>>225
戦国当時でも土佐は超絶田舎だったのかな?w
紀貫之が都落ちしてハラハラと泣きながら、
こんな田舎でやってられるか!ボケ!と書き殴った日記から、
戦国の世でも500年くらい経っているが、まだくそ田舎だったんだろうか?w

253: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:05:39.56 ID:43/eN6W+0
>>247
まあ、島流しの行き先だからな。
田舎とかの甘いレベルではない。

254: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:06:38.10 ID:2F2bvGV80
>>247
つーか、一豊が土佐をもらったときにはまだ敵地なんだぜ・・・
長宗我部の配下を制圧して自分の土地にしろって言われたわけよ。
今で言うと褒美としてリビアやるからカダフィ倒してお前の領地にしていいよって言われるレベル。

ちなみに上士は山内家の家臣、下士は長宗我部の家臣って事ね。

204: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:42:19.99 ID:G83EfD3J0
坂本龍馬が活躍したのは志士というのが活躍できた最期の時期
龍馬が死んだ時期でちょうど個人が走り回った志士はおしまい
その後は経済力や軍事力を持つ藩が主流になり
生きてれば組織や藩政を背負って切り回せたる武市の時代だった

209: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:45:57.27 ID:2F2bvGV80
>>204
確実に勤王党は明治幕府の中の主要な地位を占めてただろうな。

217: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 21:48:59.39 ID:y5gDCuhzO
でも龍馬がいなかったらこの人はここまで有名にならなかった

263: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:10:25.83 ID:sYyIqWGz0
しかし、土佐は吉田東洋、武市半平太と傑物はいたのに
潰し合うもんなぁ。

265: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/14(木) 22:12:58.20 ID:2F2bvGV80
>>263
薩摩だって西郷は島流しになってたりして一枚岩じゃなかったしな。
長州が特殊なんだよ。ある意味下っ端の桂に全権委任状態だったからな。

925: 幕末まとめ  投稿日:2011/07/16(土) 15:50:49.72 ID:LFu1eaOq0
>>263
殿様が無用に優秀だったからな。
長州も薩摩も殿様が飾り物みたいなおかげで
すんなり纏まったんだけどねぇ 


土佐勤王党始末―武市半平太と山内容堂 (1978年)
嶋岡 晨
新人物往来社
売り上げランキング: 1,501,254