45
1: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 20:12:56.62
★和宮の直筆哀訴状が現存 官軍の江戸攻撃延期求める

京都の本草漢学塾「山本読書室」跡に秘蔵されていた数万点の新史料の中に、
徳川将軍家に降嫁した和宮が官軍の江戸攻撃延期を求めた直筆の哀訴状が現存
していることが5日、松田清京都外大教授(日本洋学史)の調査で分かった。
哀訴状の内容は知られていたが、直筆のものが確認されたのは初めて。
岩倉具視の子で、官軍側司令官だった具定の返信の下書きなども見つかった。

哀訴状は官軍の江戸攻撃が2日後に迫った慶応4(1868)年3月13日、
江戸に向かう中山道蕨駅(現在の埼玉県蕨市)にいた官軍の陣営に届けられた。
戦火を避けようと必死にもがいた内面がうかがえる。

http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020501002007.html

8: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 20:29:47.83 ID:8R7rFehK0
皇族のパワーだな!これがその辺の大名家からの嫁だったら江戸城は焼き払われていた。

9: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 20:31:53.66 ID:Nz8wZQXM0
>>8 
助かったのは江戸城だけだからそうだろうな

13: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 20:40:59.98 ID:1z2n9IsG0
>>8 
輪王寺宮が直接赴いてもだめだったのに、手紙一本でどうにかなったとは思えないがな。

22: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 21:18:16.09 ID:Qhmp5m6G0
そもそも徳川慶喜自身が霊元天皇の玄孫で皇族だから最初から官軍と戦うつもりなどさらさら無い。 
和宮の婚約者だった東征大総督有栖川宮熾仁親王の父幟仁親王は慶喜のいとこ。 
慶喜の奇怪な行動も徳川家の将軍だと言う固定観念から見ているから不可解なのであって、 
霊元天皇の玄孫の皇族・有栖川家の一員として見れば倒幕に最も大きな力を尽くした勤王の志士として 
全部すっきりと理解できる。


23: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 21:22:13.81 ID:Dz4grt2P0
この瞬間ってどこの殿様でもなくて西郷の一存で決定してた時代だってのが歴史の不思議だよな

24: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 21:23:36.51 ID:TFqZJyld0
まあ、こういう時のための公武合体。
勝西郷会談はパフォーマンス。

27: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/05(水) 21:31:54.01 ID:EOsFIjdq0
ドラマに出てくる内親王って和宮がブッチギリ1位かな
江戸初期の女一宮(明正女帝)が2位ぐらいか
あとは伏見や有栖川出身の徳川の御台所たちが居るけどこれは女王だっけ?

それ以外は大河の平安時代の女院とかがパラパラ出るぐらいか

69: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 14:15:27.46 ID:4X3txwk+0
旗本が糞みたいに役に立たなかったからなあ。
仕方ないよね。
小栗案が採用されてたら薩長もどうなってたかわからんけど。

71: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 14:29:31.09 ID:0XrG6Jk90
>>69
それどころか井伊家なんて真っ先に寝返ってるからな・・・

70: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 14:26:24.50 ID:F9cvLSEt0
旗本は、徳川将軍親衛隊の筈なんだが、南蛮由来の新しい任務を与えると、
若くても早々に隠居し、まだ幼児に近い少年を元服させて、後を継がせる例が続出したとか。
卑怯者達だが、分はわきまえていると言うべきか。
少年達は、新戦法を吸収したはずだが、幕府を支え、将軍を守る為には役立たなかった。

80: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/07(金) 09:50:57.52 ID:EepejuDAO
>>70 武士も江戸初期とそれ以降じゃ全く価値観違うらしいな

同じ任務でも時代の差で
余分に警護をつけたら江戸初期は
「俺たちだけだと頼りないのか」
と怒り出したりだが
中期は
「俺たちじゃ心もとないから警護を増やして」と逆に要請した例がある

しかも江戸初期の方が危険度が高い

72: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 14:45:57.23 ID:fNxPBBjy0
篤姫のも残ってるよね?
あの時代の大奥はドラマ性十二分にあるから視聴率良かったのも頷ける

73: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 14:47:45.26 ID:LmaivUzJ0
篤姫なんてかなり脚色されてフェミばばあ喜ばせただけでしょw

あのひとよりやはり和宮のほうが本当の重要人物だった。
皇室叩きに祭り上げられただけ。

74: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/06(木) 17:25:17.83 ID:AEVuRq7c0
和宮が将軍家に降嫁したが結局、子供は生まれなかった。
もし、天皇と将軍の血を引く子供が生まれていたら日本の歴史はどうなったか?
これはifではなく現実で、その答えはもう出ている。
答えは明治維新。
次の将軍・慶喜は霊元天皇の玄孫で、いわば和宮が果たせなかった公武合体は
結局成立し幕府は大政奉還して終わった。

81: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/07(金) 10:40:23.89 ID:439IS4Ed0
武士が弱くなったのは朱子学による文治主義のせい
そろばんできなきゃ剣がいくらできても出世できない
陽明学重視のところはそこそこ尚武の気質も残ってたが
兵器も戦術も戦国のを護持したままじゃどうにもならん

83: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/07(金) 11:57:37.88 ID:pTf+eHi9P
実は徳川家の旗本って真面目に戦ったのは1584年の小牧長く手の戦いが最後だもんw
だから1615年の大坂の陣の時点で既に使い物にならなくなってる。
そこからさらに250年もたってんだから幕末の旗本なんてリアルにカスだろ。

98: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 19:47:46.56 ID:hIHPZmBx0
>>83
それは幕府に限らず他藩にも言える。
西日本の藩なんか薩摩藩以外は農民や下級武士が
新しい軍隊の中心になったんだし。幕府側で例外は
会津藩くらいだな。あそこだけは幕末まで武勇が保持された

88: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/08(土) 16:13:16.90 ID:IXaT3xij0
>>83
徳川慶喜は旗本が使い物にならなかったせいか、
愛妾芳の実家である町火消し兼侠客、を組の頭の新門辰五郎と配下達を武装して、
親衛隊にしている。

85: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/07(金) 13:00:10.95 ID:AaZd1/0H0
>>83
確かになw
小田原攻めは小競り合い程度、朝鮮欠場、関ヶ原は後方と遅刻。
ガチで強敵と戦ってはいないか。
島原の乱も九州外様だしな。

99: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 19:52:30.26 ID:eNQ2wb9PP
>>98
江戸時代はどこの藩も武士は官僚になってたからな。
ただ、徳川旗本の特質は、幕府草創期で既に実戦経験が他家に比べて偉く乏しかったってとこ。
大坂の陣の時点で既に30年実戦経験なく、本陣に攻め込まれたらすぐに四散してしまった。

100: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:01:07.60 ID:hIHPZmBx0
>>99
西日本の藩は大坂の経済的影響を受け、ソロバンができる人が武士の中心になった。
備中松山藩なんかいい例。佐幕派の藩なのに執政に農民出身の山田方谷がなってるように
身分制度の溶解が進んでた。

>大坂の陣の時点で既に30年実戦経験なく、本陣に攻め込まれたらすぐに四散してしまった。

家康は旗印を倒されたからな三方が原以来。しかも真田という信玄ゆかりの武将に。
武田崇拝が江戸時代に行われたのはあの家康を糞まみれに、腹を切ると老醜を晒させた
ことがでかい

101: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:06:25.95 ID:eNQ2wb9PP
>>100
幕府の勘定方も算盤の名手揃いですよ。
だから官僚としては実に有能だった。
外交交渉まで巧みだったしね。
今の大蔵官僚の源流といっていい。

但し、これじゃあ、実戦部隊にはならんのよねw

102: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:09:19.35 ID:hIHPZmBx0
>>101
明治政府で役人や外交官にまんま幕府の役人なってる人多い
それでも人数不足と旧幕府側の人間まで採用しまくった>明治政府

ただし、会津藩の人間はそれに抗して学者を目指す連中が続出して
その方面で有名な連中が大量に出た。

103: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:15:20.09 ID:h9GE96z70
>>102
まあなんだかんだいって東北諸藩は冷遇されておりますなあ。
白河以北一山百文ねえ。確かに幕臣あがりのテクノクラートは多いけどね。
それにくらべて東北やら賊軍はひどい。まあ九州王朝の乗っ取りみたいなもんだからw

ともあれ幕末政争劇で一番最低最悪なのは水戸藩なwww
一応尊王の大藩の筈が、内ゲバ殺し合いを続けた結果、人材払底水戸巡査w

104: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:17:53.98 ID:eNQ2wb9PP
>>103
水戸藩ってほんと惨めだよなw
維新の後まで不毛な争いして殺し合ってたw
気づいたら納豆くらいしか残ってなかったろw

86: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/08(土) 13:40:34.63 ID:pemj16B50
島原の体たらくなんかは武士の気性が萎えてたというより幹部連中の圧倒的な実戦経験不足なんだろうな 
大将の失態はその象徴

87: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/08(土) 13:50:58.06 ID:n0/uIpRAP
>>86 
徳川家に辛うじて実戦経験の豊富な幹部が居たのは関ヶ原までだね。 
それも秀忠軍の真田攻めとか見てると既に怪しい。 
当時の日本で最も実戦経験あったのは朝鮮で長年戦ってた豊臣家直属の諸将で、 
関ヶ原でもそいつらが東軍、西軍でも戦いの中心だったよね。 
豊臣家が分裂してなかったら、関ヶ原の時点で徳川家には勝ち目なかったろう。 
武士の気性は17世紀いっぱいは萎えるどころか相当荒いままだった。 
ただ、気性がいくら荒くてもそれだけじゃ実戦では役に立たないという事なんだろうね。
 
84: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/07(金) 12:27:34.11 ID:DtMqH1E8P
当時の官軍は数(薩長以外は日和見)や兵器の上で劣勢にも関わらず
征討しようとした訳で
大村益次郎も言ってるように軍事的に江戸攻めには
多分に無理があったんだよ
だから慶喜除名と徳川家温存で手うった訳だ

ついでに大阪や京都みたいに土地が狭いとこに
一から役所官庁つくるのは手間だから
江戸の大名屋敷や役所を新政府で使えるってのも
計算してたと思う

108: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 20:36:44.01 ID:hIHPZmBx0
水戸藩は幕末にたいした活動できんかったが 
藩主の子供やその子孫が佐幕や討幕派に分かれて 
活躍してる 

高須4兄弟しかり、斉昭の子供は佐幕派・討幕派の藩に婿養子に 
入りまくりと水戸家の閨閥で幕末の全国の藩の大半が幅を利かせた 
くらい。でもその利点を水戸藩は生かせなかった

93: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 14:26:34.34 ID:tghRtYpf0
求めたのは江戸攻撃中止じゃなくあくまで延期なんだな

96: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 18:32:44.91 ID:jXUrq/aPO
有吉佐和子さんの、
「和宮御留」だと
和宮は、替え玉だ、ということになってるが。

110: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 21:23:53.91 ID:VxWS9oa80
幕末で一番きつかったのは橋本左内殺された福井だと思う
賢君の誉れ高かった春嶽もその後はTDNパトロンになっちゃったしな

111: 幕末まとめ  投稿日:2014/02/09(日) 21:28:15.87 ID:hIHPZmBx0
由井しか出てこなかったな越前藩は。
結城秀康以来の徳川家最大の連枝藩(全国の松平系藩の多くの宗家)
なのに