1
1: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:19:46
幕末までは尊皇攘夷だったのに維新後は脱亜入欧なんだもん
幕府が若干可哀想


4: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:22:56
幕府の問題は大政奉還後だからどうだろうな。
薩長同盟が成立する頃には、長州も開国路線に切り替えてるしなあ。

5: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:24:12
>>4
薩摩も生麦事件の時は攘夷一色だったのに、薩英戦争の後はイギリスにべったりだもんな
切り替えは凄まじい

18: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:30:43
>>5
相手にならないことがわかって切り替えるのは大事だとは思うけど。

一番可愛そうなのは、長州で始めから開国派だった長井雅楽

6: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:24:43
君子は豹変す

立派な人物であるほど、自分が誤っていることが分かれば、
きっぱりと言動を変えます。
過去のことにとらわれたり、アドバイスしてくれた人のことを
うらんだりすることなく、スッキリした形で、変身することが
できるのです。

7: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:25:16
うまく切り替えないと死ぬからな

9: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:26:31
坂本龍馬がイギリスのエージェントだったってのも案外ホントなのかもナァ

11: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:27:34
皇室を中心に、外国に国を蚕食されないように備えよう

アジア圏(日本と中国)が世界の中心、て昔ながらの発想を脱し
世界の列強である欧米と肩を並べる事を目標にしよう


別に矛盾する概念じゃないから手の平返しとは言わないと思う

16: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:29:44
>>11
欧化して強くなろうと考え始めたのは薩英戦争頃くらいであって、本来はもう欧米と付き合う幕府そのものがけしからんって感じだったじゃん

14: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:28:22
逆に短期間での切り替えが凄まじい実力だと思う

22: 幕末まとめ  2016/03/09(水)22:42:41
攘夷の心を捨て去った訳ではないよ
志士たちは「開国」の後に「武備恭順」して幕府を倒し
アジアに侵略の手を伸ばす欧米列強を
いずれは「攘夷」する、というシナリオを描いていた

ただ、維新後も大久保利通や井上馨のような欧米に媚びる人物が力を持ったことが
現在の従米ポチ政治家や経済界が跳梁跋扈する日本へと繋がっているところもある

攘夷の幕末史 (講談社現代新書)
町田 明広
講談社
売り上げランキング: 470,286