1: 名無しさん 2017/02/12(日) 23:43:18.90 _USER
徳川宗家18代当主 徳川恒孝(とくがわ・つねなり)さん/1940年、東京生まれ。学習院大学卒業後、日本郵船に入社し、副社長などを歴任。2003年、徳川記念財団を設立し、理事長に就任(撮影/写真部・長谷川唯)
no title


 薩長同盟、坂本龍馬の船中八策、土佐藩主の山内容堂が徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜へ出した建白書、そして大政奉還、龍馬暗殺……。2017年で大政奉還から150年。幕末から明治維新という激動の時代を生きた英雄の子孫たちが先祖の知られざる素顔、偉業を語り尽くす。今回は、徳川宗家18代当主・徳川恒孝さんだ。

 *  *  *

 大政奉還として徳川家が天皇家に政権をお戻ししたのは、徳川幕府に大きな問題があったり、政権維持に限界があったりしたからではないと考えています。

 当時、日本を取り巻く外国からさまざまな圧力がかかっていました。その流れに任せてそれぞれの藩が圧力をかける国に個別に対応していたら、日本は分断されていたかもしれません。

 そこでそれぞれの藩が領内を支配する幕藩体制ではやっていけないと幕府は判断したのです。

 徳川家は幕府開府以来、長く天皇家を非常に大切にしてきましたので、ここで天皇家に政権をお戻しして、天皇を中心に今一度日本を統一すべきだと考えたのです。

 さらに徳川幕府は常に海外の情報を得ていました。特に幕末にかけては詳細な情報が幕府に入ってきて、世界の情勢は承知していたのです。イギリスの軍艦が近くにいるとか、アメリカの戦艦が日本に向かっているなど把握していました。そこで世界を見て、もう二度と戦乱の世にしてはならないと考え、大政奉還という決断をしました。

 江戸幕府を起こした家康は常に平和を願い、それを実現させた人です。家康の前の時代、豊臣秀吉は朝鮮へ2度も兵を出しました。 しかし、徳川の世になると朝鮮をはじめとした外国を攻めることはなくなりました。それどころか、朝鮮通信使が再開され友好な関係を築きました。幕府の将軍の代替わりや世継ぎが生まれるたびに朝鮮から使節団が江戸城にいる将軍に謁見にやってきていました。

 ただ、これは徳川家からの見方で、向こうの方々に言わせると、今度の将軍がまた秀吉のような人だったら危ないと、警戒のために将軍の顔を見に来ていたというようです。それで今度の将軍は穏やかでこちらに戦争をしかけてくるようなことはないと安心して帰ったそうです。

 そしてその情報は朝鮮から清の都・北京に伝えられ、今度の将軍も大丈夫だと胸をなでおろしたといいます。それだけ諸国との関係はよかったのです。

 ただ幕末から大政奉還にかけて残念なのは井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されたことです。井伊直弼は海外の状況を鑑み、修好通商条約を締結し、日本を開くことを進めていました。だからあのとき直弼が殺されなかったら、徳川幕府が新たな日本をつくっていったでしょうね。

 徳川政権であったら平和一本で、その後の政府がとったような軍国主義政策はとらなかったに違いありません。明治新政府では征韓論が持ち上がり、その後も日清戦争、日露戦争が起きました。明治以降の歴史はご存じのとおりですね。

 明治の世になって諸藩の大名の子息の多くは海外に留学しました。そしてその人たちは海外の情報や知識を身に着け、明治以降の政府に重用されていきます。

 また、宮内省が大名家同士の婚姻を進めていきました。戊辰戦争で敵対した人の子孫を結びつけたり、かつて、あまり関係がよくなかったという同士の婚姻を決めたりしました。そうすることでそれぞれの家が背負ってきた変なわだかまりはなくなりました。

 大政奉還後、徳川幕府の幕臣が明治政府を支えたり、その後、全国にあった藩の大名の子孫の方々が地域のお祭りに参加して祭りを盛り上げたりしています。かつての殿様の子孫は地域活性化に協力しているといえるでしょう。

 そういう意味でも徳川時代が分断され明治時代になったのではなく、その意志を受け継ぎ、継続しているといってもいいかもしれません。(本誌・鮎川哲也、太田サトル、松岡かすみ)

http://dot.asahi.com/wa/2017020900090.html
65: 名無しさん 2017/02/13(月) 11:28:18.92 
家康の肖像画に似てるなぁ。 

2: 名無しさん 2017/02/12(日) 23:49:23.61 
>>1 
大政奉還と明治維新で悔しいです 

ってだけやん。素直にそれだけ言えよ、 

たまたま関ヶ原で勝っただけの分際で。 

77: 名無しさん 2017/02/13(月) 15:22:41.20 
>>2 

黙れ小童!


45: 名無しさん 2017/02/13(月) 06:13:54.78
>>1 "徳川政権であったら平和一本で、その後の政府がとったような軍国主義政策はとらなかったに違いありません。明治新政府では征韓論が持ち上がり、その後も日清戦争、日露戦争が起きました。
明治以降の歴史はご存じのとおりですね。"


この殿様がアホと解るわww さも大政奉還が自主的とか言いたいようだが
周囲からの圧力に負けて、尻尾ふって投げ出したのが真相だわ
あのまま徳川幕府続いていたら英か仏の植民地だったろうね
子孫もこんなんだから有難がる必要なし
むしろ賊軍の長だたのに今でも子孫が残っており薩長政府の処遇に感謝しとけ

9: 名無しさん 2017/02/13(月) 00:00:34.18
1800年代のスイスと国交樹立してくれた15台ぐらいで徳川おしまいだと思ってたw
ぶっちゃけその子孫歴史上の人物として記録はいらない

江戸城でかかったけどその子孫はいい景観のある住処なのか?

11: 名無しさん 2017/02/13(月) 00:05:23.75
>>9
徳川家の子孫はこういう冷やかしに永遠に耐えなければならないんだな。

12: 名無しさん 2017/02/13(月) 00:06:31.38
福々しい顔をしていらっしゃるわ

24: 名無しさん 2017/02/13(月) 01:05:36.18
>>12
本当にいいお顔をしていらっしゃる
福相なんでしょう

25: 名無しさん 2017/02/13(月) 01:10:07.44
>>1

切腹するのが嫌だからと 女子供まで死ぬまで戦わせておいて

自分はさっさと降伏して 明治以降ものうのうと生きた卑怯者

会津藩主松平容保の子孫が今の徳川宗家

90: 名無しさん 2017/02/13(月) 21:18:16.06
>>25
確かに卑怯な印象あるな
自分だけ助かって贅沢を続けられればいいっていう印象

27: 名無しさん 2017/02/13(月) 01:31:55.56
鎖国しやがったからな
ほんと無能

28: 名無しさん 2017/02/13(月) 01:32:20.44
わりとどうでもいいけど
俺の先祖は井伊直弼を襲撃した側に手を貸していた

29: 名無しさん 2017/02/13(月) 01:37:47.66
徳川の意志=大奥を再興したい

32: 名無しさん 2017/02/13(月) 02:24:13.92
徳川宗家20代目はベトナム人とのハーフになる可能性があるのかw
Wiki見てたら一族のほとんどが名誉職にありついてんのな


長男:徳川家広 - 翻訳家、ベトナム人女性と結婚。

長男の家廣がベトナム人と結婚したときに猛反対した。一時期は家廣の廃嫡も噂されたが、「(長男に)早く後を継いでもらいたい」と発言していることから、現在は少なくとも黙認しているものとみられる。

33: 名無しさん 2017/02/13(月) 02:39:59.20
この際、日本国首相の肩書を征夷大将軍にしようぜ
サムライ、ニンジャ、ゲイシャ好きの外人さんが大喜びするだろう

35: 名無しさん 2017/02/13(月) 03:09:43.23
平和な事は結構ですけど平時にあって乱を思うくらいの
最低限の備えは必要だよこちらから攻撃しなくても相手の
事は分からないでしょ日清、日露もやむに已まれずの戦争
なんだし徳川の世が続いてたら列強に支配されてたよ

39: 名無しさん 2017/02/13(月) 05:20:56.02
徳川時代の米国の不平等条約で、日本の金が大量に流失して、ボロボロにした徳川政権!!

南下して居るロシアを軍拡しないでどうして止める事が出来たのか?

58: 名無しさん 2017/02/13(月) 10:23:07.72
徳川の人で 政治家 いる?

69: 名無しさん 2017/02/13(月) 14:48:50.68
>>58
昔徳川十六代徳川家達が首相に推薦された事がある。本人断ったけど

75: 名無しさん 2017/02/13(月) 15:07:31.19
徳川家に恨みがある家なんて日本中に五万とあるのに、
時代が良くて一族皆殺しにならなくて良かったな(笑)

81: 名無しさん 2017/02/13(月) 18:01:55.59
徳川宗家ってw
15代はだんだん屑になっていった歴史だよな。
まともなの家康、吉宗ぐらいだろ。
どの家でも傍流にこそ人材が隠れているんだよな。

82: 名無しさん 2017/02/13(月) 18:10:47.61
>>81
家康が作った「御三家」はよかった
吉宗が作った「御三卿」がまずかった

86: 名無しさん 2017/02/13(月) 19:49:22.36
先の大戦において勇敢に戦った者こそが武士でありサムライと称されるべき。
大戦中に華族だなんだの特権で戦場に赴いていない大名家や旗本の子孫なんか
無価値である
徳川家は大戦中に何処にいた?まさか内地でノンビリ裕福に暮らしていたなんて
ことはないだろうなww

97: 名無しさん 2017/02/16(木) 01:38:29.24
>>86
宗家は貴族院の大物政治家や外交官だから出征してないが、
ただの教員だった宗家別家ご当主は公爵二等兵閣下として
支那の最前線に行かされ古参兵にボッコボコにされてたそうだ。

96: 名無しさん 2017/02/16(木) 01:31:40.35
郵船時代に徳川さんと前田さんを部下にしてた
上司の人は関白になれたのかな

徳川がつくった先進国日本 (文春文庫)
磯田 道史
文藝春秋 (2017-01-06)
売り上げランキング: 409