38
1: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:12:37.76 _USER9
 明治維新は歴史の教科書やドラマなどの中では、新しい時代の幕開けとして、華々しくドラマチックに描かれています。しかし、上から目線で描かれた史実と庶民目線の真実とは大きくかけ離れているようです。

庶民目線の幕末を記した史料の代表格といえばかわら版。それを読み解けば、庶民は旧幕府軍と新政府軍の戦いをどのように見つめていたのがよくわかります。もともとかわら版は幕府に発行を禁じられていましたが、

ゆるいネタだと黙認されていることもしばしば。しかし、政治ネタを扱うのは御法度で、見つかれば死刑も免れなかったと言われています。そこは抜け目なきかわら版屋。庶民の知りたい気持ちに応えつつ、さらにヒットを目指す策を講じました。

変わりゆく時代を庶民の立場で報じた幕末のかわら版を大阪学院大学、准教授の森田健司さんが解説します。

以下ソース元で、THE PAGE 3/14(火) 18:10
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000005-wordleaf-soci

46: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:47:54.76 
日本の「ジャーナリズム」の歴史は大したもんだよ、世界一かも。 
太平記は南北朝の争乱を書いているが同時進行形のドラマだったのだ。 
「太平記読み」という輩が辻立ちして庶民に読み聞かせていたが 
「内容が違っている」と文句をつけた奴がいる。足利尊氏の弟、直義だ。 
その他、人目に付く場所に貼る落首など日本はずいぶん昔から政治報道は 
自由に世間に流通していたようだ。 


25: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:26:44.82 
現代の新聞社よりジャーナリズムと気骨に溢れてたろうさ。 

見なくても解る。 


13: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:20:52.60 
一概に政治犯全部死刑だった訳じゃないのに 
八丈島に流され島娘をめとって子孫を残したのもいる 
井伊がやり過ぎただけ 

10: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:18:40.32
中国の清王朝にも暴露本って有ったらしいよ

本来アジアはジャーナリズムが盛んだった

16: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:22:19.10
面白いな。こういうのって本当、授業なんかでは教わらない。
明治以降に廃れたのは、政府の規制が更に強くなったからか?
それとも出発技法が輸入されて活字主体になったからか。

31: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:29:00.15
>>16
江戸東京博物館に瓦版の展示があったような記憶が

明治以降は新聞だね
与謝野晶子の例の詩とか

36: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:35:57.41
>>31
ちょっと前のNHKの大河ドラマで八重の桜ってあったじゃない?
あれも刷り込みなんだろうけど明治に「じゃーなりずむ」()を看板に
正義を名乗る記者の卵みたいなのが主人公の親戚だか知り合いだか(つまり新島襄の近辺に)が
もてはやされてる若者たちが出てきたんだよね。
あれも嘘だろうと思う。どちらかといえば瓦版屋的な皮肉屋の延長が性根の所だろう。

しかし達筆だな。この時代の人たちって。

42: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:44:49.29
>>36
それは違う。福沢諭吉や福地源一郎の目指したところはアメリカやヨーロッパのジャーナリズムであり、瓦版的な要素が出てくるのは新聞が商売として成り立つようになってからの話
日本の新聞創刊の根底は民衆に政を周知させるという部分だよ

45: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:47:51.50
>>42
そんなキレイな歴史上のお話も、性根どんなもんかわからんよ?
じゃーなりずむねぇwどれだけあっちで正義でこっちでも剣より強かったんですかねぇ。
怪しげなもんだねぇ。

55: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:52:41.27
>>45
まぁ福沢みたいにアメリカの写真館の娘とこっそりツーショット写真撮ったりしてるとそういうこと疑われちゃうけど、「新聞」の創刊の意義という部分に於いて決して瓦版の延長ではないよ
瓦版の延長ならハナから政治家の叩き記事やらなんやら載せればいいものを黎明期にはそんなことは一切やらなかった

18: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:23:09.40
>>1
それでも吉宗は偉かったな。
一応目安箱を設けて、幕政批判をした人に褒美をとらせたのだからな。

22: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:25:49.89
>>18
いや、そもそも、幕府は意外と政道批判とかには寛容だよ。
大っぴらにやるとしょっ引かれるけど、その程度で。
そもそも、幕府の政治は良かったから、庶民の文句も大したことない
ってのがあるけどね。

24: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:26:18.89
「宮武外骨」みたいのが現代にも出て欲しい。

144: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 08:27:14.80
>>24
調べもせずに「明治政府の報復で県庁所在地名を県名にさせなかった」という妄想垂れ流したキチガイじゃん

26: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:27:01.42
スキャンダルの走りは確か江戸時代だったと思ったな

34: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:33:10.95
>>26
色恋沙汰を政治に持ち込んで騒いだのは絵島事件が最初かな

44: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:46:11.38
>>26
アイドルのブロマイドとかメイドカフェなんかもあったからな江戸時代には。
思っている以上に現代と変わらないんだよな

40: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:44:08.44
狂歌で誤魔化す

太平の眠りを覚ます上喜撰たった4杯で夜も眠れず

(上喜撰→宇治の高級茶のブランド名→蒸気船)

91: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:13:35.93
>>40
「泰平」です。泰平洋(=今の書き方では「太平洋」)を掛けたものです。

51: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:50:16.16
んん???

江戸時代にそんな法律は無かったぞ

何デタラメ書いてるの?

85: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:08:20.47
>>51
明確な法律なんて無いよ

ただし、絵師やら講釈師が幕政批判して処刑されたりしたケースはあった

52: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:50:19.32
幕府より地方の大名とかの方がえげつなさそう

69: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:00:57.84
>>52
薩摩はみんな貧乏ってくらい締め付けられたと司馬の竜馬がいくに書いてた

114: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 01:26:55.55
>>69
だったら薩摩焼や薩摩ボタンなんて文化は生まれないと思うが。
どうも戦国期辺りでは他所の地域と比べても更に貧乏だったらしいが。

98: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:23:27.59
官軍は進軍する先の集落を襲って
地元民から金や食い物を強奪しながら進撃してきたと言われてるけどな
勝ってさえしまえば汚い事はいくらでも隠ぺいできる
だから勝てば官軍

庄屋の子孫が言ってたが

99: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:31:13.88
>>98
ヒャッハーーー!!
あれそのものだろ、薩長なんて

102: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 23:53:52.92
>>98
ちなみに略奪進軍は旧幕府軍にも顕著。

106: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 00:07:43.87
>>98
その庄屋の子孫とか不確かなソースじゃなくて

郡山市のホームページをみると会津藩が郡山で略奪してたとある

幕軍が長州征伐で略奪したのも有名な話

会津戦争で会津藩士の遺体を放置させて残酷ニダ!
とも言ってるけど、それは遺品泥棒予防で官軍もしばらく放置だから

119: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 01:38:10.64
江戸幕府による檀家制度。それによる寺院の世俗化。
江戸中期以降の庶民が批判していたもののひとつ。
(上田秋成の「二世の縁」など。村上春樹に新作のモチーフでもある)。
こうした背景があり、明治政府の廃仏毀釈につながる。
新政府の文化破壊を庶民はどう眺めたか。

122: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 01:54:23.98
>>1
>庶民目線の幕末を記した史料の代表格といえばかわら版。それを読み解けば、
>庶民は旧幕府軍と新政府軍の戦いをどのように見つめていたのがよくわかります。

そう単純には言い切れない。幕末の京都では“官製かわら版”のような物も刷られて、
長州を悪者にしようとする“印象操作報道”が成されていたことが確認されている。

しかし京都の町衆は「どんどん焼け(元治の京都大火)」は長州藩の仕業ではないことに気付いており、
会津藩や新撰組による放火が原因だと見抜いて長州藩に同情し、新撰組や会津藩は憎まれるようになった。

新撰組と会津藩が、寺への放火を示唆して西本願寺を脅迫し、西本願寺を数年間占拠したことも、
京都の町衆の、新撰組と会津藩などの幕府側に対する心証を著しく害した一因なのかも知れない。

124: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 02:28:30.03
>>122
西本願寺が長州なのは300年前に大阪で籠城戦してたときに毛利家から水軍で
食糧輸送してもらった縁やで。あと、本願寺は京都の洛内といえば洛内やけど
京都人とは別の宗教やしな。

137: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 03:47:41.70
>>1
かわら版が大都市の民意の一部しか反映していないことを理解していないと
かわら版が民意の全てだと誤解して「庶民不在の明治維新」なんて結論になる

現代でも同じことだが大都市の民意と地方の民意は往々にして真逆な場合もある

明治維新の進行過程に地方の庶民が大いに関与しているのを見逃してはならない

141: 幕末まとめ 2017/03/15(水) 06:32:54.10
維新の陰に吉田松陰先生あり

わずか10歳前後で藩主に武教全書を講義した超天才

藩法を破って日本全国の海岸線を調べ国防政策を考え抜く

日本の将来を憂い、海外渡航禁止を破り、アメリカ留学、もしくはペリーを

牢獄に入れられれば、その牢獄の中で勉強会を始め、囚人全員を更生させるのみならず、囚人を監視しているものまで勉強し始めてしまう始末

松下村塾では維新で活躍する事になる英傑達を生み出す

そして、自らの命と引き換えに世の中を正しい方向に向かわせたいと願い、自らの命を差し出した

その覚悟は弟子達を奮い立たせ、維新は成就したのである

なお、吉田松陰先生は「志」これをこそ持ちなさいと告げている
志なくば人生は不毛、志があればどんな困難も突破できると、、、

かわら版で読み解く 江戸の大事件
森田 健司
彩図社 (2015-06-10)
売り上げランキング: 337,818