01
1: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:25:02.75 ● BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
石原元知事「天気晴朗なれど...」 百条委前、「日本海海戦」持ち出した意図

東京都議会の百条委に向かう前、石原慎太郎・元都知事は2017年3月20日正午前、自宅前で記者団に心境をきかれ、
「天気晴朗なれど(も)波高し」と答えた。

「天気晴朗~」は、日露戦争中に行われた日本海海戦(1905年)の出撃の際、日本の連合艦隊(東郷平八郎・司令長官)が
東京の大本営に打電した文言の一部で、「名文」との指摘もある言葉だ。
石原氏は3月3日の記者会見前には、自宅前で心境について「果し合いに出かける侍」と語っていた。

安倍首相は、衆院解散前に...

石原氏は3月20日、百条委へ向かうため車に乗り込む際、記者団から「現在の心境」を質問され、「天気晴朗なれど(も)波高し」と答えた。
その後、「君ら教養ないから分からんだろ」とも。

「天気晴朗~」は、政財界の関係者も時折使う言葉としても知られる。たとえば、時事通信(2016年3月16日)によると、
就任を間近に控えた日本郵政の長門正貢・次期社長(当時)は、抱負を語る中で「天気晴朗なれども波高し」と述べ、
障害はいろいろあるが、「グループ全社一丸となって大海原に繰り出して、大航海をエンジョイしたい」と続けている。

安倍晋三首相も使っている。2014年11月17日、安倍首相は公明党の結党50周年会合に出席し、経済政策「アベノミクス」について、
「天気晴朗なれども波高し、という状況かもしれない」と述べた。これが、日本海海戦の直前に打電された文言である事を受け、
当時、複数のマスコミが、衆院解散が近い事を示唆する発言として注目し報じた。実際、この年の11月21日に衆院が解散された。
もっとも、同じ言葉であっても、先の長門氏と安倍首相とでは、使用する文脈・心境は異なるようだ。

(続く)
http://www.j-cast.com/2017/03/20293501.html?p=all


2: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:25:16.21
産経新聞「この史上の名文」

また産経新聞は、2009年5月27日付朝刊の「次代への名言」でこの言葉を伝えている。
「(文章・電文の)起草者はだれか、という議論はおく」とことわりながら、「敵艦見ゆとの警報に接し連合艦隊は直(ただち)に出動之(これ)を撃沈滅せんとす、
本日天気晴朗なれども波高し(東郷平八郎)」(編注:記事原文ママ)と、前段部分も含めて掲載。「この史上の名文」と評価している。

今回の石原氏の発言がテレビニュースで流れると、ツイッターには、

「うまい言い回しだ」
「勝算ありってことか」
といった反応が出ていた。中には、以前の会見前の「果し合いに出かける侍」と今回の「天気晴朗~」の発言を引きながら、
石原氏は結局は百条委でも「知らぬ存ぜぬ」の姿勢であり、「武士でも何でもない」と皮肉る人もいた。

116: 幕末めとめ 2017/03/21(火) 11:26:30.03
大砲を命中させる精度が高い日本海軍にとっては有利な状況 という事を伝えた一文だったと思うけど、 石原はむしろバルチック艦隊側じゃないの?

18: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:44:28.19
首相辞任の際の明鏡止水の心境ですとコメントした宇野総理は印象的だったな。

23: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:47:55.59
石原はカッコいいな君らは教養がないから分からないだろって言い放ってたなw
傲慢だけど粋だよこのじいさん

24: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:49:39.86
>>23
忘れましたってのは立派な教養のある人物の物言いではないけどね

87: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 23:42:05.61
>>23
粋な人間てのはそんな鼻にかけた発言はしないもんかと思う

無粋そのものかと。

30: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 19:57:33.55
逃げの小五郎

36: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 20:30:25.09
やったぜ俺たち有利だぞ!
の意味なんじゃねえの?

63: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 22:21:57.22
>>36
天気はいいけど波が高いから主力艦隊以外の小型艇や旧式艦は出港しないで待機してください。
って言う命令を、モールス信号とか手旗信号で伝えるから伝え間違いが起きないようにできるだけ短縮した文章にしたのがこの電文。
司令部と各艦の意思疎通が異常なレベルまで高く共有出来てたからなんだな。

38: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 20:49:44.82
意味わかっていってんのかね、このボケ(たふりした)老人は。

天気はいいから敵は見つけやすいけど、波が高いと用意していた
水雷戦隊の突撃とかはできないからガチ戦艦の大砲勝負ですな
ってことをいってるんでしょ。

ほんとは皇国の興廃この一戦にありとでも言いたかったんだろうな。
小説家のくせにもう少し気の利いたことをいえ。


あと・・・小池さんもなんかどうなんだと思うよな、やっぱり。

44: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 21:01:08.07
司馬遼太郎解釈だと晴天により砲弾が命中させやすいと言う状況と、バルチック艦隊と比較して重心が低い自軍に有利であることを
短くかつ詩的に報告したからすごいとあったが、石原の場合むしろバルチック艦隊側じゃねーか

53: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 21:48:41.04
>>44
ワロタ

55: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 21:51:52.63
秋山のこれあんまり名文過ぎて正確、客観を旨とする
軍の電報文としてはふさわしくないってあとで怒られたんだっけ

57: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 21:53:22.32
>>55
へー当時はそうだったのか・・・

太平洋戦争時はもう美辞麗句を並べるばっかだったのに。
「天祐を信じて突撃せよ」とか。

93: 幕末めとめ 2017/03/21(火) 02:07:08.05
当時の指揮官だった東郷平八郎が後に超絶老害と化して井上成美や山本五十六、米内、岡田に「東郷さんが口出しすると良くないことが起きる」って言われたことをなぞってんのか?

105: 幕末めとめ 2017/03/21(火) 09:13:26.59
>>93
石原が東郷だった事なんてないだろw
ずっと牟田口だよ

106: 幕末めとめ 2017/03/21(火) 09:39:45.77
>>105
晩年の老害モードの東郷とは被るぞ

73: 幕末めとめ 2017/03/20(月) 22:38:20.93
豊洲ノ興廃コノ一戦ニアリ。

太陽の季節 (新潮文庫)
石原 慎太郎
新潮社
売り上げランキング: 24,887