1: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:18:51.25 _USER9
no title

司馬遼太郎の自筆原稿見つかる 「竜馬がゆく」最終回も
6/23(金) 18:33配信

作家の司馬遼太郎(1923~96)の代表作「竜馬がゆく」最終回と
「坂の上の雲」第1回の自筆原稿が見つかった。
司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)が23日、発表した。
どちらも存在しないと思われていた原稿で、推敲(すいこう)の跡から
司馬の作品への思いが伝わってくる貴重な発見だ。

「竜馬がゆく」は62~66年、「坂の上の雲」は68~72年、いずれも産経新聞に連載された司馬の代表作。
「竜馬」は連載5回分23枚、「坂の上」は連載6回分24枚、400字詰め原稿用紙で計47枚が見つかった。
東京の古書店から連絡を受けた記念館が鑑定し、今月はじめに買い取った。

「竜馬」の自筆原稿が見つかったのは初めて。
ラストシーンの「天が、(略)その使命がおわったとき惜しげもなく天へ召しかえした」という、
作品の竜馬像を象徴する部分が含まれている。激しく手を入れた跡が残っており、最初に
「天はその若者を惜しむように召しかえした」と書いた後、「惜しげもなく」と、
竜馬像がより印象的に伝わるような修正がされていた。

「坂の上」の原稿には有名な書き出しの「まことに小さな国が、開花期をむかえようとしている」が記されている。
自筆原稿の大半は日本近代文学館に寄贈されているが、欠落があり、冒頭は失われたと思われていた。
加えて、文学館にも保存されている第28回(4枚)の別原稿が見つかった。
表紙に「ボツ」と書き込みがあり、軍艦の名前を間違えたことから、書き直して差し替えたと見られる。

司馬の義弟で記念館館長の上村洋行(うえむら・ようこう)さんは
「全くないと思っていた原稿で、見たときに心臓が拍動した。竜馬の最期を書くにあたっての
思いを感じる」と話している。原稿は7月1日~8月31日、同館で特別展示される。(野波健祐)

6/23(金) 18:33配信 朝日新聞デジタル
11

「竜馬がゆく」で坂本竜馬が絶命する場面。「惜しむように」が「惜しげもなく」に書き直されていた

116: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:27:53.76 
>>1 
司馬遼太郎は美文を書くのを自制していた気配があるので、あまりセンチメンタルだったり 
扇情的な文章を書かない作家だったが、「竜馬がゆく」の最後はやばいと思う。 

  天に意思がある。 
  としか、 この若者の場合、 おもえない。 
  天が、 この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者を地上にくだし、 その使命がおわったとき惜しげもなく天へ召しかえした。 
  この夜、 京の天は雨気が満ち、 星がない。 
  しかし、 時代は旋回している。 
  若者はその歴史の扉をその手で押し、 そして未来へ押しあけた。  


こんな名文、日本の文学史の中でも最高の名文だろう。 

22: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:43:38.35 
坂の上の雲なら、書き出しよりも 
「のぼってゆく坂の上の~」のくだりが入っているあとがきの原稿のほうが、価値が高そう 


3: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:24:14.12
>>1
汚たねぇ字。大作家先生が字が上手いとは限らないんだな。

6: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:25:19.88
>>3
一流の編集者は一流の解読家w

22: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:43:38.35
>>3
松本清張が驚異的に綺麗な字でビビったことがある
原稿もかなり丁寧に書いてたはず

たしか三島由紀夫も丁寧な字で原稿書いてたな
 
8: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:26:50.86
彼は小説家であって歴史家ではないんだが
歴史家扱いする奴がいる

11: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:29:25.92
>>8
宮崎駿とか本気で尊敬してるもんな

15: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:33:46.16
>>8
存命の頃は別に歴史家扱いされていなかったと思う。
紀行文などが好きでした。

17: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:34:20.75
>>8
説得力が凄まじいもん
しかも単純に読み物としても面白い
宮城谷とか調べまくって書いてるんだろうけど小説としてつまんないから司馬みたいに一般レベルまで影響力及ぼすことがない

70: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:52:00.12
>>8
小説にも種類がある

・時代小説
たとえば時代は江戸だったりするが、設定から登場人物から全て架空

・歴史小説
登場人物も歴史上の人物が出てくる。ある程度精度の高い歴史的事実を踏まえて物語が進む

・史伝小説
資料をつぶさに拾い集め、そこから「これが事実に近い歴史だろう」という話しを構成していく。

司馬遼太郎は史伝小説を書いた。
膨大な資料を集めてそれを精査する作業は並大抵のことじゃない。これをたたった1人でやり遂げ、さらには何百冊という本を書くのは天才というより神に近い。

74: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:57:03.32
>>70

それにもうひとつ忘れてるよ。
吉村昭読んだことないでしょ?

10: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:29:10.46
この人の作品は
菜の花の沖が
一番この人らしい作品だと思う

12: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:30:33.09
>>10
辰悦丸完成の巻までは名作

14: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 19:32:05.91
日本三大白髪フサフサ
筑紫哲也
司馬遼太郎
坂本龍一

44: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:05:50.22
坂の上~は原作は不朽の名作だよ。

ドラマはゴミ。

49: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:08:46.29
坂の上の雲はいいドラマだったけど、確かに自虐的な描写は気に入らなかったな。
司馬も映像化に懸念あって生前はストップさせたのも有名な話。
日本海海戦シーンでも当然あるべき旭日旗が、石炭の黒鉛でくすんでる。
リアリティとも言えるが、あれは目立たぬようにとの「配慮」と思えて悲しかったわ(´・ω・`)

54: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:13:42.90
坂の上の雲のドラマって、
トルコとか、あるいは東欧諸国とかで放送したら人気出そうだけどな
まだやってないのかな
向こうのテレビ局に売り込めばいいのに

69: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:50:23.74
司馬から入って結局は吉村昭にたどり着いた

72: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 20:55:37.74
実際にどれだけ歴史的資料に基づいて小説を書いているかは、歴史家の磯田道史さんが検証済み。

これだけの天才の仕事を「単なる小説だから」「架空の話しだから」で済ますのはモノの価値を知らないただの馬鹿。

ほぼこういう歴史があったんだな。と思って読んでも間違いないレベルのものを司馬遼太郎は書き続けてきた。

105: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:15:16.81
司馬原作で
勝新太郎がやった岡田以蔵の映画を見返したら
昔よりさらに面白くて驚愕した。

人を斬り付けるときのメチャ嬉しそうな目がやばすぎ
快楽殺人鬼そのもので最高過ぎる

111: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:22:30.30
司馬は戦後最大の作家であることは確か。

113: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:23:48.28
>>111
ギャグで言ってるのか
歴史小説として見ても海音寺潮五郎のほうがはるかに上

117: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:32:40.67
>>111
>>113
冗談じゃないよ。おれは日本の歴史の中で天才を三人挙げろ、と言われたら、
空海と織田信長と司馬遼太郎って答える。

司馬遼太郎は、小説しか読まない人にとっては、虚言癖があるし、通俗的だし、嫌われる要素
があるのもわかるんだが、「文明史家」と考えたら、こんなやばいくらい才能のあった人もいない。

ヘロドトスとかギボンレベルの人だったと思う。ただ、歴史家に徹するには、嘘話を作る才能がありすぎた(笑)

128: 幕末まとめ  2017/06/23(金) 21:50:46.51
俺は街道をゆくの紀行文にハマったあ
挿絵が須田剋太が死んじゃって
安野光雅になってショボくなっちゃったけど

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
売り上げランキング: 2,074