1: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:31:31.20 _USER9
no title
公共交通機関が未発達だった1893(明治26)年4月、松江市の県第一尋常中学校(現・松江北高)が、徒歩を中心にした全行程約500キロの修学旅行を実施していた。
鳥取県米子市の地域文化研究誌「伯耆文化研究」がこのほど発行した第18号で、こんな事例を紹介している。
山陰では修学旅行の草分けとみられるが、124年前の生徒たちは現在では想像できないほどの健脚ぶりだったようだ。【小松原弘人】

伯耆文化研究会の理事で郷土史家の岩佐武彦さん(78)が、米子市立図書館と島根県立図書館(松江市)で山陰新聞(現・山陰中央新報)の記事「三道旅行記」を発見した。
三道は山陰道、山陽道、南海道を指しており、同行した記者が執筆して同紙で随時掲載された。岩佐さんは記事と自身の解説、行程図をまとめた「全行程500キロ 徒歩・川舟・汽船による修学旅行」を寄稿した。

岩佐さんや三道旅行記によると、修学旅行は4月5日から同15日までで、島根、鳥取、岡山、香川、広島県を巡った。
参加者は3~5年の生徒と教師の計81人。行程の約4分の1は汽船、川舟、鉄道を利用したが、残りは徒歩での移動だった。
記事では記者が見た当時の交通事情や世相、それぞれの地域の様子を詳細に記録している。

初日には鳥取、岡山県境にある残雪の四十曲峠(770メートル)を踏破しており、記事は「足の疲れがひどく、寒さも甚だしく、耐え難い」と苦労ぶりを記述。
岡山では市街地や医学校、紡績工場を、香川では屋島の源平合戦古戦場や高松城、金刀比羅宮など見学した。
紡績工場では「電灯こうこうとして輝き」「発電機あり」「大機械あり」と驚きが書かれている。深夜や未明に出発することもあった。
汽船で松江に帰った夜は、下級生らが拍手と歓声で出迎えたという。

当時の服装は、1903(明治36)年に修学旅行をした第二中学校(現・米子東高)の創立90周年記念誌にある「木綿の筒袖、はかま、制帽、脚半、草履、布鞄」に似ていたとみられる。
岩佐さんによると修学旅行は1892(明治25)年ごろから広まりだし、「当時、記者が同行するほど注目されていたが、現代とは全く趣が異なったようだ。記事も当時の社会をよく伝えており、貴重だ」と話している。

修学旅行の行程図=「伯耆文化研究」第18号から


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170705-00000014-mai-soci


31: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:43:35.33 
>>1 
>記事は「足の疲れがひどく、寒さも甚だしく、耐え難い」と苦労ぶりを記述。  

当時の人間でも疲労困憊じゃねえか 


335: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:39:23.09 
>>31 
初日は雪山登山だからな 
よーやるわ 


338: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:41:30.09 
>>335 
大山山麓だから相当急峻だよ。仮に四国の剣山だったら死人出るな。 

162: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:38:11.71
>>1
俺たちのまだ知らない、雄々しくて溌溂としていた日本がここにあるな。

201: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:55:21.71
>>1
和式便器だったからな。
何日か前に何十年かぶりに和式便器でウンコした。

足がガタガタした。

日本人の体力強化の為に和式便器に市民権を

305: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:14:14.75
>>1
当時はそれが当たり前なので、想像を絶しません。

戦国時代に人が死ぬのはあほだからって言っているようなもの。

311: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:20:58.33
>>1
昔は新宿から青梅まで飲まず食わずで歩かせる大会があったんだぜwww

飲まずだぜww

610: 名無しさん 2017/07/07(金) 01:47:03.14
>>311
君も歩け歩け大会の犠牲者か
生徒全員強制参加させた老害教師憎い

613: 名無しさん 2017/07/07(金) 10:49:30.29
>>1
福岡の田舎に住んでた祖母も
山越えて当時でいう小学校とか毎日通ってたらしい

70過ぎて骨折するまではものすごく健康で丈夫だった
体格は小柄で普通の年寄りだったけど基礎体力は半端じゃなかった

庄屋の娘だったけど田舎だし移動は基本的には徒歩、自転車とか使わない時代だったし

7: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:34:16.15
>全行程500キロ 徒歩・川舟・汽船による修学旅行
>行程の約4分の1は汽船、川舟、鉄道を利用したが、残りは徒歩での移動だった。

徒歩375キロ

322: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:29:50.94
>>7
時速40㎞で歩けば1日で済むな 後は遊べる

329: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:36:06.74
>>322
100m10秒で走り続けて時速36kmな
ボルトが減速しなくても無理だな

9: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:34:40.29
健脚も何も当時の連中はそのくらい歩いてただろ
江戸時代なんて参勤交代やってたくらいだし

93: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:06:41.02
>>9
大半の人は戦争で駆り出されるとかなければ、
生まれた地域から10キロ圏内からでたことなかったんやで
その外に普通の人でもでるようになったのは、公共交通機関が発達したり
道路が整備されてから

197: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:53:21.97
>>93
10キロ圏内ってのはちと違う
最寄りの大きな町か村まで、が正しい
山3つ越えた先の町で農作物と物品を取引してくる、なんてのが普通にあった

281: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:47:26.63
>>93
西郷隆盛とかスゲー歩いているよ

12: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:36:02.48
7年前に100歳越えて亡くなった明治生まれの曾祖母も昔は三里や四里ぐらいは普通に歩いたもんだよって言ってたな
自動車もバイクは勿論、自転車すら無かったんだからそれが当たり前の感覚だったんだろうな

170: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:42:28.47
>>12
>自動車もバイクは勿論、自転車すら無かったんだからそれが当たり前の感覚だったんだろうな

こういう時代では出始めの自転車なんてハイテクの塊、ステータスの塊だったろうな。

17: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:38:02.09
またやれよ
欠席して10日間遊びまわるからよ

168: 名無しさん 2017/07/05(水) 15:40:26.70
>>17
>またやれよ
>欠席して10日間遊びまわるからよ

戦後日本代表w

26: 名無しさん 2017/07/05(水) 14:40:51.17
酒飲んで新宿から家まで7~8km歩くとかはよくあるけど流石に20kmとかはやりたくないなw

451: 名無しさん 2017/07/05(水) 20:04:59.10
>>26
20年ほど昔、金曜の夜終電で(勤務先、市ヶ谷)成城学園前で降ろされて、相武台前の自宅まで歩いて帰ったことあるが、たしか町田手前で夜明けが・・・

でも、歩き始めてある程度までいくと意地でさいごまで完歩しようとするなぁ
ちなみに完歩は昼前だったかな?
完全に酒は抜けてるw

268: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:34:16.67
つっても今みたいにひっきりなしに行き交う鉄の塊との衝突を
気にする必要ないんだから今よりは全然歩くの楽しそう

274: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:36:49.42
>>268
でも今みたく舗装もされてないしな

278: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:45:15.92
>>268
でも時代が時代だからな。 
列乱れたり、無駄口してるとビンタが飛んできそう。

282: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:48:17.52
1日に40km近く歩くって凄いな
時速4kmとして10時間だぜ
8時間、昼食休憩1時間の7時間で歩くとなると時速5.7km
体型を考えたら死のロングウォーク(時速4マイル)に匹敵するんじゃね?

287: 名無しさん 2017/07/05(水) 16:50:59.11
まあ、今よりずっと「修学」らしいっちゃらしい。

323: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:31:19.69
戊辰戦争も京都ー江戸ー東北ー北海道まで信じられないくらい距離を、戦いながら移動してる。

ハンパない。

325: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:35:00.63
>>323
本能寺の変からの備中高松から京への羽柴秀吉の中国大返しも1日で姫路
5日で京まで戻ったんだからなあ。

339: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:44:32.47
>>323
東北から出陣し、鎌倉の足利軍を叩き、そして京まで進軍し尊氏叩きのめし
いったん東北へ戻るが、尊氏復活で再び京へ攻め上り散っていった北畠顕家
(東北ー京ー東北ー京)

京から鎌倉まで行き北条残党蹴散らし、鎌倉で朝廷に反旗し京まで攻め上り
そこで大敗し九州まで落ち延び、復活して再び京へ攻め上った足利尊氏
瀬戸内海は船もあったが
(京ー鎌倉ー京ー九州ー京)

南北朝時代ってこんな豪快な進軍がやたらある

355: 名無しさん 2017/07/05(水) 17:58:13.94
>>339
島津義弘の関ヶ原も薩摩から関ヶ原に入るまでもそうだが、孤立状態から徳川軍から正面突破して
伊勢を抜けて海路薩摩に逃走したが、1500名の兵は島津軍の捨てがまりでやられてほぼ全滅。
武将の島津豊久も討死。
薩摩に帰還したのは数十人。
しかし井伊直政を薩摩兵が狙撃した一撃は後に息の根を止めることに。

454: 名無しさん 2017/07/05(水) 20:08:50.31
明治・大正・昭和の写真? @polipofawysu 3時間3時間前

1892年(明治25年)頃の写真です。場所や内容は不明ですが、学校の旗を立てて折詰弁当食べてたりお茶飲んでたりする所からして、小学校の遠足かなとも思います。明治の子供たちは本当に姿勢がいいですね。
no title

466: 名無しさん 2017/07/05(水) 20:35:43.57
中高の頃、毎年夜中に40キロ歩く行軍大会があった。
足は痛くなるが、流れ星とかたくさん見えたなあ。

472: 名無しさん 2017/07/05(水) 21:16:22.70
この当時はまだ永倉新八が健在だったんだな
徳川慶喜とかも

明治ステップ 820g×4缶パック (景品付き)
明治
売り上げランキング: 647