幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

カテゴリ:幕末 > 土佐

1: 幕末まとめ 2017/06/16(金)08:09:46
46

 坂本龍馬が記した中で「最長」といわれ、1913年に火災で焼失したとみられていた手紙のうち、6枚を北海道の男性が所有していることが高知県への取材で15日、分かった。
 
 手紙は龍馬が長崎で記したとされ、慶応2(1866)年12月4日付。
 写本から内容は全て判明しており、6枚は手紙全体の約4割とみられる。兄の権平らに宛て、幕府側の襲撃を受けた寺田屋事件の話などをつづっていた。

(省略)

全文はこちら
産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170616/lif1706160005-n1.html



続きを読む

1: 名無しさん 2017/06/03(土) 23:03:05.59 _USER9
no title

幕末の志士、坂本龍馬が寺田屋事件(1866年)で幕府側に襲撃された後、かくまわれた「薩摩藩伏見屋敷」の絵図が見つかり、京都市伏見区の神社「城南宮」が3日、発表した。
屋敷は1868年の鳥羽伏見の戦いで焼けた。敷地の広さや建物の配置、間取りなどが初めて明らかになった。

発見された「薩摩藩伏見屋敷」の絵図=城南宮提供・共同

京都国立博物館の宮川禎一上席研究員は「歴史が動いた舞台の詳細が分かる貴重な資料」と評価。「龍馬は屋敷の北東、管理者がいた部屋の周辺に担ぎ込まれたのではないか」と推測する。

寺田屋事件は、薩長同盟を取り持った龍馬を伏見奉行所の役人が襲撃。負傷した龍馬は材木小屋に身を隠し、薩摩藩が救出、屋敷に運び込んだ。
幕府側が龍馬を引き渡せと迫ったが、薩摩藩が拒否、両者の亀裂が決定的になったという。

城南宮などによると、絵図は江戸中期の1786年、改築工事などのために作られたとみられ、縦約1メートル、横約1.3メートル。
敷地は南北99メートル、東西64メートルで、間取りや配置はほぼそのままだった可能性が高い。

今年4月、城南宮の宮司が古書店で発見、購入した。絵図は4日から城南宮で、7月25日から同博物館で公開する。〔共同〕

配信 2017/6/3 21:38
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H4T_03062017CC1000/




続きを読む

1
1: 幕末まとめ 2017/05/24(水)10:41:47
さすが新撰組やで
 
2: 幕末まとめ 2017/05/24(水)10:45:53 
マジぜよ? 


7: 幕末まとめ 2017/05/24(水)10:47:41 
おいどんも逮捕されるでごわす?
 
4: 幕末まとめ 2017/05/24(水)10:46:33 
なお赤穂浪士も逮捕の模様 

続きを読む

1: 幕末まとめ  2017/03/06(月) 22:05:01.23 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
eceabadc0cc3bfe241a26f993d4e5e3e

坂本龍馬など輩出した高知 「志国高知 幕末維新博」開幕

https://www.kochinews.co.jp/article/83698/


4: 幕末まとめ  2017/03/06(月) 22:07:16.85 
司馬遼太郎のせい 


68: 幕末まとめ  2017/03/06(月) 22:37:19.59 
>>4 
ほんまにこれにつきる 


269: 幕末まとめ  2017/03/07(火) 00:41:18.34 
>>4 
そんなことはない 
明治の頃から龍馬ブームはあった 


9: 幕末まとめ  2017/03/06(月) 22:08:55.77 
若いうちに暗殺されて晩節を汚してないからだな
続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/03/04(土) 23:57:35.35 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
土佐の新たな名所となるか!? 高知県南国市のレストランの敷地内に、寝そべった坂本龍馬の像ができた。名づけて「リョーマの休日」だ。

 4日に同県内で始まった歴史博覧会「志国高知 幕末維新博」にあわせて設置。高さ2・7メートル、幅5・3メートルで、発泡スチロールを樹脂でコーティングした。

 桂浜(高知市)にたたずむおなじみの立ち姿とは対照的に、周囲にはまったり感が広がる。「ゆっくりしていきや」。龍馬がそう語りかけているようだ。

設置されたリョーマの休日像
AS20170303002941_commL


おもしろTシャツで応援するイチロー
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00000093-asahi-soci


続きを読む

↑このページのトップヘ