幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

カテゴリ:幕末 > その他諸藩

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)21:10:17
no title

松前 崇広(まつまえ たかひろ)は、江戸時代末期の外様大名で、蝦夷松前藩の第12代藩主。のちに老中にもなった。名は正字では崇廣

文政12年(1829年)11月15日、蝦夷松前藩9代藩主・松前章広の六男として、福山城で生まれる。幼少期は武術、とくに馬術を得意とし、また藩内外の学識経験者を招聘して蘭学、英語、兵学を学び、さらには西洋事情、西洋の文物に強い関心を抱き、電気機器、写真、理化学に関する器械を使用するなど、西洋通であった。

崇広の甥で第11代藩主の松前昌広が病気で、昌広の嫡男の徳広はまだ幼少であったので、嘉永2年(1849年)6月9日、昌広の隠居によりその養子として家督を相続し、第12代藩主となった。崇広は家督相続の挨拶のために、7月江戸に出府し、第12代将軍・家慶に御目見し、従五位下、伊豆守に叙位・任官され、また北方警備強化のため、新たに城を築城するよう命じられ、これにより陣屋住まいから城主とされた。この城は嘉永6年(1853年)に完成し、松前城と呼ばれ、天守閣持ちの伝統的な建築技法を使った城としては江戸時代最後の城となった。

安政元年(1854年)6月、幕府は対露警備強化の観点から箱館奉行を再設置し、安政2年(1855年2月23日にはそれまで松前藩領だった箱館周辺8ヶ村と全蝦夷地を幕府直轄とした。代地として陸奥伊達郡梁川、出羽村山郡東根、出羽尾花沢に合計4万石を与えられ、毎年18,000両を下賜されることになったが、それまでの蝦夷地での交易権を喪失した。このため藩財政は窮乏することになる。また、折しもこの年は漁が不漁であり、その原因を巡って場所請負人と中小漁民が衝突する網切騒動が発生し、松前藩・江戸幕府を巻き込んだ騒動となった。 

続きを読む

3
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/11/24(月) 23:08:13
橋本 左内(はしもと さない)は幕末の越前国福井藩士。

著書に『啓発録』。嘉永2年(1849年)、大坂に出て適塾で医者の緒方洪庵・杉田成卿に師事し
蘭方医学を学んだ後、水戸藩の藤田東湖・薩摩藩の西郷隆盛(吉之助)と交遊。他に梅田雲浜
や横井小楠らと交流する。越前・福井藩主の松平春嶽(慶永)に側近として登用され、藩医や
藩校・明道館学監心得となる。
一橋慶喜(徳川慶喜)擁立運動を展開。幕政改革、幕藩体制は維持した上での西欧の先進技術
の導入、日本とロシアの提携の必要性を説くなど開国派。安政6年(1859年)、井伊直弼が発令
した安政の大獄で小塚原刑場にて斬首。享年26。
墓は吉田松陰などのものとともに南千住回向院。

僅か26年の生涯。
藤田東湖の推挙によって福井藩中根雪江が取り立て、藩主松平春嶽に用いられたのが22歳。
僅か数年間の活動期間に偉大な足跡を残した侍。
西郷隆盛をして、最も影響を受けた人物として、先輩では藤田東湖、そして同輩(実は年下)で
は橋本左内を挙げていることはその傍証。

その資料の一部を見るだけでも、幕末に全地球規模の気宇壮大な戦略家がいたことが分かる。

橋本左内



続きを読む

↑このページのトップヘ