幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

カテゴリ:幕末 > 人物

1: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:06:12.77 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000005-asahi-soci

西郷隆盛を描いた可能性がある新しい肖像画が、鹿児島県枕崎市で見つかった。
作者や制作年は不明で、西郷の遺品などを管理している鹿児島市の西郷南洲顕彰館が
今月から一般公開して情報を求めている。西郷ゆかりの縁者は「祖先から聞いていた
西郷さんの特徴がそろっている」と期待している。

肖像画が保管されていたのは、枕崎市宮田町の丸谷兼彦さん(87)、昭子さん(83)夫妻宅。
油絵で描かれ、サイズは縦54センチ、横45センチ。署名はなく、だれがいつ描いたのか
全くわかっていない。ただ、1926年ごろには昭子さんの実家の仏間に掲げられていたという。

これまでに外部に持ち出されたことはなく、兼彦さんは「西郷さんの肖像か真偽のほどは
わからないが、維新150周年の記念の年に多くの人に見てもらえたら」と話す。


新たに見つかった西郷隆盛と見られる肖像画
no title
58: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:19:50.70 
>>1 
待て待て 
銅像に似てないって話はどうなったんだよw 
めちゃめちゃ似てる 


288: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:24:28.20 
>>58 
だよな 


295: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:31:02.83 
>>288 
だから、銅像を見て描いた絵にすぎないのかも。 


104: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:34:34.90 
>>1 
これ、例の親戚の顔でしょ? 


122: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:38:41.63 
>>1 
綺麗なジャイアンw 

イケメンじゃんw 


187: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:26:21.05 
>>1 
今までのと同じじゃん 


193: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:36:37.06 
>>1 
西郷の銅像見て妹が誰?って言ってたんだっけ 


196: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:42:19.39 
>>193 
奥さんが「こんな人じゃない」みたいなことを言ったらしいよ。  
大河では黒木華がオープニングでやっていたな。 

続きを読む

1
1: 名無しさん 2018/01/01(月) 16:25:57.80 ID:hRShI5H5a
榎本武揚「降伏して生き延びようや」

官僚達「皆で生きようや」

歳三「もし生き延びたら近藤に合わす顔無いわ、生きたい奴は生きればエエで」新選組羽織ファサ

歳三「新選組副長、土方歳三出るやで、意地が命より重い奴だけ付いてこいや」

函館政権、幹部で唯一の戦死者

なんやねんこいつ、格好良すぎやん


続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/02(火) 07:35:44.82 _USER9
1/1(月) 13:05 産経新聞

大河「西郷どん」1月7日スタート 鈴木亮平「今年1年はささげるつもりで」

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」が7日、スタートする。
原作・林真理子、脚本・中園ミホという女性陣が描く西郷隆盛を演じるのは鈴木亮平(34)。
多くの日本人がこれまで持つ西郷像とは一味違う、新たな西郷を見せてくれそうだ。(兼松康)

 「走って、汗かいて、泣いて、笑って、叫ぶ。エネルギッシュな西郷が描かれています」

 西郷隆盛に抱いていたイメージといえば、「どっしりと構えて動じず、無口で男っぽい」というものだった。
多くの日本人が抱くものとそう変わらないといえるかもしれない。だが今年1年は、とにかく涙もろく、よく泣く西郷を演じる。

 これは自身が感じる西郷の魅力にもつながる。その魅力は“共感力”。「目の前にいる相手の気持ちになれる力が高い。
相手の痛み、喜びを自分のことのようにとらえる」といい、相手が困っていれば泣き、喜んでいればともに喜ぶ西郷の姿を、1年を通して画面で見ることになりそうだ。

 以前から、「大河ドラマに出たい」と公言していたが、「思っていたよりも早いタイミングだった。びっくり」と明かす。
さらに「共演者は大先輩や第一線で活躍する方ばかり。毎日刺激をもらい、“師匠”らに代わる代わる自分を引き上げてもらう感覚は、大河でしか味わえない」と喜ぶ。

 共演者の中でも、島津斉彬役の渡辺謙(58)は別格だ。役柄とも相まって「普段緊張することはあまりないけど、さすがに緊張しますね」と打ち明ける。
鈴木が見た渡辺は「すごくストイックで、背負っているものや経験している重みが違う。目力もすごい」。世界のひのき舞台で活躍する先輩俳優への敬愛を隠そうとしない。

 今回の主演にあたり、渡辺が主演した大河「独眼竜政宗」(昭和62年)を見直した。
政宗が父・輝宗を犠牲にして敵を討つシーンで、「その緊迫感や漂う本気度にすごく感銘を受けた。その本気度を全ての話で一度は出していきたい」と感じた。
「大先輩だし、敬愛する相手であるからこそ、肩を並べるつもりで行ったら負ける」と“渡辺超え”を果たすつもりで臨む。
「大河の偉業や技を勉強するのが僕らの義務。なるべくたくさん吸収して、年を取ったときにはそれを伝えていかなきゃならない」と主演の役割もしっかりと認識している。

 「西郷さんという歴史上の人物が、しばらく自分のイメージになる。今年1年は『西郷どん』にささげるつもりで、演じるだけでなく、西郷どんとして生きたと感じられたらいいな、と思います」。
その目が日本の将来を見据えた西郷隆盛のそれと重なって見えた。


「西郷どん」で、相撲をとるシーンも印象的に演じている鈴木亮平。この勢いで大河主演の1年を突き進む(春名中撮影)(写真:産経新聞)
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000526-san-ent


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/18(月) 07:11:24.86 _USER9
http://www.asahi.com/articles/ASKDK5CVJKDKUTIL01C.html

 日野市の高幡不動駅周辺で17日、いずれも幕末に活躍した土方歳三と坂本龍馬の親族の子孫2人が、一緒に街のごみ拾いをした。土方は新選組副長で佐幕派、坂本は志士で倒幕派と立場は大きく違ったが、約150年の時を超えて、きれいな街づくりに一役買った。

 参加したのは土方歳三の兄の子孫で、市内にある土方歳三資料館で館長を務める土方愛(めぐみ)さん(46)と、坂本龍馬の兄の子孫に当たる、中央大学3年の坂本龍哉(りょうや)さん(20)。ごみ拾いを通じた街づくりを手がける、中央大のサークルの呼びかけに応じたという。

 2人は初対面。あいさつの後、午前9時半ごろに出発。約30人が土方チームと坂本チームの二手に分かれて拾った。新選組の衣装を着た参加者もいて和やかな雰囲気で進み、終了後、坂本さんは土方歳三資料館を訪問。「歴史は立場によって見方が異なるので、各自の立場に立って見ることが大事ですね」などといった話を2人でしたという。

 土方さんは「かしこまらずに話せて良かった。お互いの歴史は理解しつつ、良いご縁を築いていけたら」。坂本さんも「幕末当時は敵対的な関係性だったと思うが、長い時間を超えて協力ができ、素晴らしいと思います」と話した。(川見能人)

no title


続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/12/07(木) 16:51:04.80 _USER9
1

武市半平太の直筆の証文発見 鑑定者と所蔵男性は

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171207/k10011249851000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

尊皇攘夷を唱えた幕末の志士、武市半平太が、後の「土佐勤王党」の一員となる志士などが通った剣術道場を開いたあと、田畑などを売ったことを示す直筆の証文が見つかりました。これについて、鑑定を行った高知県の「佐川町立青山文庫」の松岡司名誉館長と、蔵の中で所蔵していた男性が7日、高知市内で記者会見しました。
この中で松岡名誉館長は「武市半平太の生活に関する直筆の資料が残っていたことにとても驚いた。田畑などを売った際の価格は、今の価値に換算すると500万円ほどになり、『考えるところがあって売る』と書いているところに興味が沸き立つ。また別の証文からは、武市の先祖が塩の混じった田んぼで苦労しながらコメを育てていたこともわかった。貴重な発見で、当時の暮らしぶりや地元の人たちとの関わりについて研究を進めていきたい」と述べました。

また見つかった証文や刀などは、実家が武市半平太の生家の近くにある高知市の歯科医師、坂本憲昭さんが蔵の中で所蔵していました。
坂本さんは「武市が切腹で亡くなったあと、同い年の5代前の先祖がなきがらを荷車で運んだという話が代々伝えられるなど、武市家と交流がありました。今回の発見を機会に、より一層研究が進むことを願っています」と話していました。

見つかった証文などは、今月14日と15日、高知市仁井田にある「瑞山記念館」で一般に公開される予定です。

引用元: ・【高知】武市半平太の直筆の証文発見 鑑定者と所蔵男性は

続きを読む

↑このページのトップヘ