幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

カテゴリ:幕末 > 人物

1
1: 幕末まとめ 2016/10/28(金) 14:01:20.48
長州藩なんて呼び方当時は存在してないし毛利の部下だったガチエリート高杉が萩藩士を自称しないのはありえへんぞ
3: 幕末まとめ 2016/10/28(金) 14:02:25.45 
そんな難しいこと言うなや 

7: 幕末まとめ 2016/10/28(金) 14:03:15.35 
>>3 
これは重箱じゃない。ドラマレベルの歴史考証的にも絶対あかんレベル 

4: 幕末まとめ 2016/10/28(金) 14:02:36.15 
現代人が聞いても意味わからんような方言でしゃべらないのはおかしい


続きを読む

1
14: 幕末まとめ 2016/09/13(火) 07:47:17.10 
西郷の活躍って主に幕末のはずなのにスレで話題になるのは征韓論と 
西南戦争ばっかだよね。まあ自分もネタふれるほど幕末の西郷知らんけど。 
大河始まったらなんか話題出てくるかね 

15: 幕末まとめ 2016/09/15(木) 08:43:24.20 
大久保との関係について、友情という言葉では言い表せない~みたいなこと 
言われてるけど実際どうなんかね? 
大久保→西郷はわからんでもないけど、逆がいまいちわからん
続きを読む

1: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 06:17:33.63 _USER9 BE:348439423-PLT(13557)
09473711

幕末期に軍艦「咸臨丸」で渡米した勝海舟が、オバマ米大統領の出身校である
ハワイ・ホノルルの「プナホウ・スクール」を訪れ、生徒の弁論の様子を
見学していたことが高知県立坂本龍馬記念館(高知市)の調査で分かった。

*+*+ デイリースポーツ +*+*
http://www.daily.co.jp/society/human_interest/2016/09/10/0009473522.shtml 



続きを読む


1: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 12:38:36.37 _USER9
no title
 明治維新時に江戸八百八町を戦火から救った幕臣・勝海舟(1823~99年)と弟子の坂本龍馬(1835~67年)の師弟像が、2人が知り合った東京都港区赤坂の地につくられ、10日午前に除幕された。

龍馬の兄権平の子孫、坂本匡弘さん(51)が除幕に加わり、海舟の玄孫の高山(こうやま)みな子さん(54)と歴史ファンや地元住民らが見守った。

 海舟像は座った姿で高さ約1.6メートル、龍馬は立像で約1.9メートル。
設置されたのは海舟が亡くなるまで住んだ屋敷跡である区立特別養護老人ホーム「サン・サン赤坂」(港区赤坂6)の敷地内。
海外雄飛を目指した師弟の志を表現して、太平洋の向こうの米国を望むように東向きに置かれた。

 地元の有志約200人が費用を出し合った。代表の石渡光一さん(80)は「海舟は赤坂に3回住み、二つ目の屋敷で師弟は出会った。
師弟像は地元の誇りになる」と喜んでいた。

 【ことば】勝海舟と坂本龍馬
 1862年に土佐藩を脱藩した龍馬は、赤坂の海舟邸を訪ねて心酔。
姉の乙女宛ての手紙に「『日本第一の人物』『天下無二の軍学者』の門人になり、ことの外かわいがられている」とその喜びを書いた。
一方の海舟も「なかなか鑑識のあるやつだよ」と後年述懐し、龍馬の「人や物事を見る目」を評価した。

 龍馬は薩長同盟と大政奉還に尽力した後、67年に京都で暗殺された。海舟は68年、江戸城総攻撃の前日に旧幕府軍の代表として官軍参謀の西郷隆盛と会談。無血開城で合意した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00000036-mai-soci
毎日新聞 9月10日(土)12時28分配信


5: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 12:41:35.65 
坂本は最初勝を斬るつもりで行ったんだっけ? 

7: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 12:42:44.24 
>>5 
そんな雰囲気だったと勝海舟の日記に書いてある 

25: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 12:54:09.19 
>>5 
坂本に同行した千葉周作の甥の方が暗殺に積極的だったらしい 

79: 幕末まとめ 2016/09/10(土) 13:58:02.89 
>>5 
明治維新あたりの人物伝って結構そういうエピソードあるよね。
続きを読む


1

1: 幕末めとめ  2016/09/09(金) 05:09:08.79 _USER9
2016.9.9

NHKは8日、2018年度の大河ドラマが西郷隆盛が主人公の幕末ドラマ「西郷(せご)どん」に決定したと発表した。
18年が明治維新から150年であることから企画された。
原作は作家・林真理子氏の小説「西郷どん!」で、脚本は中園ミホ氏が担当する。

出演者は現在調整中で、一部で主演と報じられた俳優・堤真一(52)は出演を断ったという。
NHKの籾井勝人会長は「女性2人のコンビが、また違った視点で描いてくれると期待している」と話した。


http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/09/0009470264.shtml



続きを読む

↑このページのトップヘ