幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

タグ:出来事

1: 幕末まとめ 2017/06/28(水) 02:32:29.34 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
1

6月25日は尊王攘夷の日

6月25日は1863年に江戸幕府が朝廷に攘夷決行を約束した期日でもあります。
この期日に長州藩が関門海峡で外国船への砲撃を開始して下関戦争へと発展したのは有名です。
この頃に欧米列強諸国の間では秘かに日本への侵攻計画が立てられていました。

一歩間違えば日本が植民地となりかねなかった軍事計画とは、どのようなものであったのでしょうか。
東京大学史料編纂所教授の保谷徹氏による『幕末日本と対外戦争の危機』などを参考にしながら解説していきます。


幕末期にイギリス陸軍による日本侵攻計画が立案されていた
http://hatebu.me/entry/2017/06/25/170034


続きを読む

1: 幕末まとめ  2017/06/11(日) 13:23:03.75 ● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
明治新政府の目安箱、投書発見「役人が女色にふける」

明治新政府が全国に先駆けて京都に設置した目安箱に、住民らが投書した訴状の原本34通が京都市内で
見つかった。幕末の動乱で荒廃した街の復興や、物価高騰を案じる民衆の声がつづられている。この時期の
訴状が見つかるのは極めて珍しいという。

34通の訴状は、慶応4・明治元(1868)年を示す「戊辰(ぼしん)歳」、目安箱への訴えを指す「箱訴(はこそ)」の
文字が書かれた冊子にとじられていた。投書には同年6月~12月の日付があった。「九冊之内」という記述があり、
9冊あったうちの1冊とみられる。明治新政府は徳川幕府にならい同年2月、全国初となる目安箱を京都の
三条大橋西詰めに設置。その後、東京や大阪にも広がった。

訴状の内容は、荒れた街の復興を求める声や、新政府の紙幣・太政官札(だじょうかんさつ)の発行に伴う
物価高騰への苦情、学校・住宅建設の要望、「京都府」という呼称が良くないので「平安府」にしてはどうかという
提案など多岐にわたる。「僧侶のぜいたくを制限せよ」という訴えや「新政府の役人たちが酒や女色にふけっている」
といった告発もあった。

古文書研究で知られる国際日本文化研究センターの磯田道史(みちふみ)・准教授(46)=日本史学=が
5月下旬、京都市内の古書店で見つけた。磯田准教授は「明治維新という革命直後の民衆の肉声が聞こえてくるようだ。
これまで明治維新は志士や政治家の分析が目立ち、住民の視点からの研究が欠けていた面があった。
維新史の空白を埋める貴重な史料だ」と話している。(大村治郎)

no title

役人の素行の悪さを告発する訴状=京都市中京区
no title

物価高騰による窮状を訴える投書=京都市中京区
no title

自ら見つけた目安箱の訴状を手にする磯田道史・国際日本文化研究センター准教授=京都市中京区

http://www.asahi.com/articles/ASK6952X7K69PLZB010.html


続きを読む

1
1: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:16:22.41
すぐにオワコンになるなんて

81: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 06:15:41.33 
勝海舟は英蘭辞典使って英語の勉強したらしいから 
いきなり英語を始めるよりアドバンテージはあったやろ 


7: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:26:48.85 
大村益次郎やんけ 


21: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:33:48.60 
>>7 
なお英語もあっという間にマスターした模様 ソースは福沢論吉 


61: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:57:24.23 
>>7 
本人がオワコンになるの早すぎ 

続きを読む

38
1: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:12:37.76 _USER9
 明治維新は歴史の教科書やドラマなどの中では、新しい時代の幕開けとして、華々しくドラマチックに描かれています。しかし、上から目線で描かれた史実と庶民目線の真実とは大きくかけ離れているようです。

庶民目線の幕末を記した史料の代表格といえばかわら版。それを読み解けば、庶民は旧幕府軍と新政府軍の戦いをどのように見つめていたのがよくわかります。もともとかわら版は幕府に発行を禁じられていましたが、

ゆるいネタだと黙認されていることもしばしば。しかし、政治ネタを扱うのは御法度で、見つかれば死刑も免れなかったと言われています。そこは抜け目なきかわら版屋。庶民の知りたい気持ちに応えつつ、さらにヒットを目指す策を講じました。

変わりゆく時代を庶民の立場で報じた幕末のかわら版を大阪学院大学、准教授の森田健司さんが解説します。

以下ソース元で、THE PAGE 3/14(火) 18:10
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000005-wordleaf-soci

46: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:47:54.76 
日本の「ジャーナリズム」の歴史は大したもんだよ、世界一かも。 
太平記は南北朝の争乱を書いているが同時進行形のドラマだったのだ。 
「太平記読み」という輩が辻立ちして庶民に読み聞かせていたが 
「内容が違っている」と文句をつけた奴がいる。足利尊氏の弟、直義だ。 
その他、人目に付く場所に貼る落首など日本はずいぶん昔から政治報道は 
自由に世間に流通していたようだ。 


25: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:26:44.82 
現代の新聞社よりジャーナリズムと気骨に溢れてたろうさ。 

見なくても解る。 


13: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:20:52.60 
一概に政治犯全部死刑だった訳じゃないのに 
八丈島に流され島娘をめとって子孫を残したのもいる 
井伊がやり過ぎただけ 

続きを読む

img_0
1: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:25:29.42
他に何かあったやろ…



2: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:25:54.81 
おは田中 

4: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:26:14.18 
田中というても其れなりに名家もあるやろ 

605: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:52:59.82 
>>4 
それって単に数が多いから名家も中にはあるってだけやろ 

11: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:26:58.66 
ワイの先祖は木の下に住んでたらしいわ 

22: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:28:04.46 
>>11 
朴を分解したんやぞ 

345: 幕末まとめ 2017/02/21(火) 22:44:09.37 
>>22 
秀吉はなんやねん 
 
続きを読む

↑このページのトップヘ