幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

タグ:時事

1: 幕末まとめ 2017/11/19(日) 00:13:01.40 _USER9
数量限定の「明治維新西郷どん缶」(サッポロビール提供)
1



来年の明治維新150周年を前に、西郷隆盛がサッポロビール「黒ラベル」の限定缶にお目見えした。九州を中心に、スーパーやコンビニなどで販売中。

 これまでも偉人などをあしらった第3のビール「麦とホップ The gold」を販売。更なる盛り上がりを期待し、主力製品のビールにも登場した。

 同社生みの親、村橋久成も旧薩摩藩士。英国留学後、明治初期に北海道の産業の礎を築いた。担当者は「いよいよ記念の年。サッポロも鹿児島を応援したい」。

配信2017年11月18日19時54分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKCG774JKCGTLTB00Z.html


続きを読む

1: 幕末まとめ  2017/04/19(水)15:25:30 ID:???
1

借りた幕末の屏風絵、変色させ返却…修復できず

 熊本市現代美術館は18日、高知県香南市の文化施設から借り受けた幕末の絵師金蔵きんぞう
(1812~76年)作の屏風絵びょうぶえ5点を誤って変色させ、完全に修復できないまま返却したと発表した。

 同館の指定管理者の熊本市美術文化振興財団は「できる限りの処置をしたが、元に戻らず、申し訳ない」としている。

続き 読売新聞・会員記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170419-OYT1T50037.html

2: 幕末まとめ  2017/04/19(水)15:30:12 
どーやって
変色させたんだ 日当たりの良いところで日晒し??? 

5: 幕末まとめ  2017/04/19(水)15:34:16 
日本中探せば、修復できる人間はいるはずだから、その修復代金を熊本が出すしかないな。 


続きを読む

1
1: 名無しさん 2017/04/18(火) 01:50:37.88 _USER9
英語学者で保守派の評論家として知られる上智大学名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都杉並区の自宅で死去した。86歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は妻、迪子さん。

山形県出身。上智大学大学院を経て、独ミュンスター大大学院博士課程を修了。1971年に上智大教授に就いた。専門の英語学にとどまらず、歴史や政治などの分野でも評論活動を展開。政府の税制調査会の特別委員なども歴任した。

著書に「日本史から見た日本人」「知的生活の方法」など。天皇陛下の生前退位を巡る有識者会議のヒアリングでは、退位に否定的な見解を示した。

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG17HAH_X10C17A4CZ8000/

54: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:04:30.20 
>>1 
右の思想界の重鎮中の重鎮が逝ってしまわれたわけね。 

最近見たら、えらくやつれてたものね。 


69: 名無しさん 2017/04/18(火) 02:09:39.07 
>>1 
グローバル化行き過ぎの時代に少しカルトっぽいところはあったが保守系論客として矢玉を受けながら主張してきた人 
大きな変わり目にお亡くなりになりましたか・・・・ 

続きを読む

Kenpohapu-chikanobu
1: 幕末まとめ  2016/10/08(土) 10:50:59.06 _USER9
2018年に明治維新から150年を迎えるのに合わせ、政府は7日、
記念事業を実施すると発表した。日本の近代化の歩みを次世代に
伝えるため、政府主催の式典などを検討する。一方、自民党内の
安倍晋三首相に近い議員からは、「明治の日」の制定を目指す
動きが出始めた。

菅義偉官房長官が7日の記者会見で「明治150年は、我が国に
とって一つの大きな節目。明治の精神に学ぶ、日本の強みを
再認識することは極めて重要だ」と発表した。内閣官房の推進室や
府省横断の連絡会議を立ち上げ、具体的な事業を計画する。

明治維新から100年の1968年10月には、政府は日本武道館で
記念式典を開いた。昭和天皇、皇后や当時の佐藤栄作首相をはじめ
約9千人が出席。100周年の記念歌を合唱し、佐藤首相が万歳を
三唱した。首相官邸の幹部は「(今回も)式典をやる必要がある」と、
18年10月にも式典を開く考えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161008-00000027-asahi-pol  

189: 幕末まとめ  2016/10/08(土) 12:19:33.34 
徳川様御瓦解の日 

197: 幕末まとめ  2016/10/08(土) 12:26:16.62 
明治維新から5万日ちょっと、130万時間しか 
経ってないのか。いろんなことがあったなぁ。


続きを読む


1: 幕末まとめ 2016/09/06(火) 01:20:35.43 _USER9
no title

 およそ150年前の大政奉還の直後、天皇に謁見するため京都御所へ向かっていた駐日英国公使の一行が
襲撃された際に使われた刀が、京都市内の神社に残されていたことが京都国立博物館の調査で確認され、
来月から公開されることになりました。

 大政奉還から4か月後の明治元年、天皇に謁見するため京都御所に向かっていた駐日英国公使の
ハリー・パークスの一行が、攘夷派の志士の林田貞堅ら2人に襲われました。

 パークスにけがはなく、2人は一行を先導していた薩摩藩出身の中井弘らに討ち取られました。
大きな外交問題には発展しませんでしたが、いわゆる「パークス襲撃事件」として知られています。

 この事件とは別の調査で、京都国立博物館が、ことし7月、林田の墓の近くにある東山区の霊明神社を調べたところ、
林田が事件で使った刀が残されていることがわかり、資料などと照合して本物と確認しました。

 林田の刀は「兼元」という銘があり、室町時代に作られたとみられるということで、刀の刃渡りは74センチ余りあり、
刃こぼれが斬り合いの激しさを物語っています。

 この刀は、中井が林田を討ち取った刀とともに来月15日から京都国立博物館の特別展で公開されます。
 
 博物館の宮川禎一上席研究員は、「パークスがけがをしたり、亡くなっていたりしたら、その後の時代は
大きく変わっていたと思います。刀の傷を見て当時の事件の様子を感じて欲しい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160905/k10010671161000.html

引用元: ・【歴史】「パークス襲撃事件」の刀 来月から公開へ 京都©2ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ