1
1: 日本@名無史さん
竜馬の功績を語る上でもっとも大きな
薩長同盟
これは、月形洗蔵が最初に考え出したものであり
西郷、高杉の両者を下関で最初に引き合わせたのも月形である
薩長同盟最大の功労者は龍馬ではなく、月形洗蔵である
彼は、筑前に逃げ延びた高杉をかくまり
大宰府への五卿落ちにも関わった
これほどの人物が歴史に埋もれるのは忍びない
司馬遼太郎の影響によって消された、月形洗蔵について
ぜひ語り合いたい

月形 洗蔵(つきがた せんぞう、文政11年5月5日1828年6月16日) - 慶応元年10月23日1865年12月10日))は、江戸時代末期(幕末)の福岡藩藩士。薩長同盟の起草文を考案し、早川勇(早川養敬)とともに斡旋に尽力した。

文政11年(1828年)、福岡藩士・月形深蔵の子として誕生。甥に月形潔がいる(父・深蔵の一番下の弟・春耕の子)

嘉永3年(1850年)に父・深蔵の家督を継ぎ、馬廻役から大島(福岡県宗像市大島、旧宗像郡大島村)の定番となるも辞職。万延元年(1860年)に藩主・黒田長溥尊王論の立場から述べた建白書を提出、さらに8月には藩の汚職を批判する建言を行った。

このことから11月に捕縛され、翌年の文久元年(1861年)に家禄没収の上、御笠郡古賀村(現筑紫野市古賀、上古賀)に幽閉される。文久3年(1863年)6月には家老・加藤司書の進言により帰宅するも、なお蟄居を命ぜられ、屋外に出ることを禁じられた。元治元年(1864年)5月、罪を許されて職に復し、町方詮議掛のち吟味役を命じられ、薩長2藩の融和および薩長同盟の起草に勤め、長州征伐軍の解兵を行い、慶応元年(1865年)には三条実美以下5卿が太宰府天満宮延寿王院太宰府市)に移る際、これを下関(山口県下関市)まで迎えに行き案内した。

しかし佐幕派の復権により罪を問われ処罰、同年10月23日に桝木屋(福岡市中央区地行浜)において加藤以下13名とともに斬首された(乙丑の変)。明治31年(1898年)、贈正四位 


続きを読む