幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

タグ:薩長同盟

1: 幕末まとめ 2017/09/14(木) 00:03:57.34 _USER9
 幕末の寺田屋事件で坂本龍馬が幕府側に襲撃された際、現場に残したとされる書面に薩摩、長州の両藩が協力して幕府側を京都から追い払う取り決めがあったと記した文書が鳥取県立博物館で見つかったことが13日、分かった。下関市立歴史博物館(山口県)の田中洋一学芸員が特別展に向けた調査で発見した。

 慶応2(1866)年の寺田屋事件で薩摩藩邸に逃げ込んで難を逃れた龍馬の荷物の中に残されていたとされる書面に関する文書。識者からは、薩長同盟は軍事同盟だったのかどうかや、龍馬の関与の度合いなどが議論になっているとして「新たな見方を提供する文書だ」と評価する声が出ている。

薩長同盟に関する記述が見つかった「京坂書通写」=13日(鳥取県立博物館所蔵)
no title


https://this.kiji.is/280678722576188922?c=39546741839462401


続きを読む

200px-Sakamoto_Ryōma
1: 幕末まとめ  2017/01/01(日) 16:58:53.62 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
「信念を持ち、意志を貫く」。幕末の志士、坂本龍馬のファンが新年の誓いや思いをつづった
龍馬宛ての年賀はがきが1日、高知市の桂浜にある龍馬像に届けられた。
 龍馬像の前で配達式が開かれ、日本に郵便制度が導入された1871年当時の配達員に扮した
男性が、はがき119枚の束を高知県立坂本龍馬記念館(同市)の高松清之館長に手渡した。
 記念館によると、熊本県の男性は昨年の地震被害に触れ「揺れないでと祈るばかりだった。
今年は穏やかな日々を過ごしたい」と書いた。
 イベントは8回目。

http://www.daily.co.jp/society/human_interest/2017/01/01/0009797108.shtml

83: 幕末まとめ  2017/01/01(日) 17:44:14.49 
>>1はアホやなw 
失敗した革命はテロになるんやで 
成功したから後の歴史で正しいとされるだけだよ 


87: 幕末まとめ  2017/01/01(日) 17:47:49.63 
>>83 
成功か失敗かって誰が決めるの? 
どうなったら失敗なの? 


94: 幕末まとめ  2017/01/01(日) 17:51:08.81 
>>87 
誰が決めるのってこどもかよw 
当時は徳川幕府から明治政府になったやろ 
それが成功したってことだよ 


101: 幕末まとめ  2017/01/01(日) 17:54:10.92 
>>94 
そして100年も経たずに破滅したな 
本当にあれでよかったのかな明治維新て 


402: 幕末まとめ  2017/01/03(火) 09:04:19.01 
>>101 
お前は本物のアホか? 
極東のちっこいチョンマゲの島国が 
中国倒して、ロシアを退かせて、世界を轟かせたんだぞ? 
世界でも類を見ない奇跡で、普通なら植民地にされてたわ 
暴走からのww2は悲惨な歴史だけど、失敗ってのは有り得ない 


437: 幕末まとめ  2017/01/03(火) 19:11:04.56 
>>402 
明治維新があったからこそなんだから、あんたの言ってる事は矛盾があるな
続きを読む

1
1: 日本@名無史さん
竜馬の功績を語る上でもっとも大きな
薩長同盟
これは、月形洗蔵が最初に考え出したものであり
西郷、高杉の両者を下関で最初に引き合わせたのも月形である
薩長同盟最大の功労者は龍馬ではなく、月形洗蔵である
彼は、筑前に逃げ延びた高杉をかくまり
大宰府への五卿落ちにも関わった
これほどの人物が歴史に埋もれるのは忍びない
司馬遼太郎の影響によって消された、月形洗蔵について
ぜひ語り合いたい

月形 洗蔵(つきがた せんぞう、文政11年5月5日1828年6月16日) - 慶応元年10月23日1865年12月10日))は、江戸時代末期(幕末)の福岡藩藩士。薩長同盟の起草文を考案し、早川勇(早川養敬)とともに斡旋に尽力した。

文政11年(1828年)、福岡藩士・月形深蔵の子として誕生。甥に月形潔がいる(父・深蔵の一番下の弟・春耕の子)

嘉永3年(1850年)に父・深蔵の家督を継ぎ、馬廻役から大島(福岡県宗像市大島、旧宗像郡大島村)の定番となるも辞職。万延元年(1860年)に藩主・黒田長溥尊王論の立場から述べた建白書を提出、さらに8月には藩の汚職を批判する建言を行った。

このことから11月に捕縛され、翌年の文久元年(1861年)に家禄没収の上、御笠郡古賀村(現筑紫野市古賀、上古賀)に幽閉される。文久3年(1863年)6月には家老・加藤司書の進言により帰宅するも、なお蟄居を命ぜられ、屋外に出ることを禁じられた。元治元年(1864年)5月、罪を許されて職に復し、町方詮議掛のち吟味役を命じられ、薩長2藩の融和および薩長同盟の起草に勤め、長州征伐軍の解兵を行い、慶応元年(1865年)には三条実美以下5卿が太宰府天満宮延寿王院太宰府市)に移る際、これを下関(山口県下関市)まで迎えに行き案内した。

しかし佐幕派の復権により罪を問われ処罰、同年10月23日に桝木屋(福岡市中央区地行浜)において加藤以下13名とともに斬首された(乙丑の変)。明治31年(1898年)、贈正四位 


続きを読む

では、続きです。
将軍になれなかった慶喜さんが島津久光さんの進言により
将軍後見職という将軍様クラスの職業につきました。

さて、慶喜さんが将軍後見職になった翌年。
1863年に家茂(将軍)が慶喜と一緒に上洛、、つまり天皇に会いに行きます。
続きを読む

↑このページのトップヘ