幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

タグ:西郷隆盛

1: 幕末まとめ 2018/05/05(土) 09:34:42.52 _USER9
34

明治維新の立役者である薩摩藩の大久保利通の没後140年の法要を、
西郷隆盛が眠る鹿児島市の墓地で催そうとした有志のグループが反発を受け、法要の名称などを変更していたことがわかった。

西郷と幼なじみだが、西南戦争で西郷を敗死させた大久保への風当たりは今も強い。
法要は西南戦争の戦没者を政府軍、薩摩軍問わず追悼するものとして、6日に開催される。

 大久保と西郷は同じ鹿児島・加治屋町の出身。徳川幕府を倒し、明治維新を成し遂げた2人だが、新政府の政策をめぐって対立。
1877年に薩軍を率いて反乱を起こした西郷を鎮圧した大久保の人気は、西郷に比べるといま一つだ。

 明治維新150周年の今年は、西南戦争の翌年に東京で暗殺された大久保の没後140年にもあたる。

 そこで、西郷らが葬られている同市の南洲墓地に昨年9月、
政府軍と薩軍を一緒に弔う慰霊塔を建立した有志の団体「西南之役官軍薩軍恩讐(おんしゅう)を越えての会」が、 大久保の命日である今月14日に近い6日に、「大久保利通公没140年法楽」を慰霊塔前で催そうと計画した。
同会の会長は、NHKの大河ドラマ「西郷どん」で時代考証を担当している鹿児島県立図書館の原口泉館長が務めている。

しかし、東京・上野の西郷像の清掃や西郷の研究活動などに取り組む市民グループ「敬天愛人フォーラム21」(東京)が、
「大久保は西郷を死地に追いやった人物」と反発。南洲墓地での大久保の法要を取りやめるよう求めた。
内弘志・代表世話役は「大久保は南洲墓地に葬られているわけでもない。賊軍の汚名を着たまま眠る人々や遺族の思いを考えてほしい」と話す。

 同会事務局を務める鹿児島市の大雄山南泉院の宮下亮善住職は「法要は大久保だけのためでなく、
官軍側、薩軍側の分け隔てなく平等に供養したいだけ」とするが、反発を受けて、法要の名称を「西南之役官軍薩軍恩讐を越えての法要」に変更。

予定していた原口会長の講演のタイトルも「明治維新と大久保甲東」から「大河ドラマの中の西郷と大久保」に変えた。
原口会長は「対立を深めるようなことは好ましくないと判断した」と話した。

 南洲墓地での法要には、西郷の子孫らを含めて110人ほどが出席する予定という。

http://news.livedoor.com/article/detail/14671364/

続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:06:12.77 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000005-asahi-soci

西郷隆盛を描いた可能性がある新しい肖像画が、鹿児島県枕崎市で見つかった。
作者や制作年は不明で、西郷の遺品などを管理している鹿児島市の西郷南洲顕彰館が
今月から一般公開して情報を求めている。西郷ゆかりの縁者は「祖先から聞いていた
西郷さんの特徴がそろっている」と期待している。

肖像画が保管されていたのは、枕崎市宮田町の丸谷兼彦さん(87)、昭子さん(83)夫妻宅。
油絵で描かれ、サイズは縦54センチ、横45センチ。署名はなく、だれがいつ描いたのか
全くわかっていない。ただ、1926年ごろには昭子さんの実家の仏間に掲げられていたという。

これまでに外部に持ち出されたことはなく、兼彦さんは「西郷さんの肖像か真偽のほどは
わからないが、維新150周年の記念の年に多くの人に見てもらえたら」と話す。


新たに見つかった西郷隆盛と見られる肖像画
no title
58: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:19:50.70 
>>1 
待て待て 
銅像に似てないって話はどうなったんだよw 
めちゃめちゃ似てる 


288: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:24:28.20 
>>58 
だよな 


295: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 12:31:02.83 
>>288 
だから、銅像を見て描いた絵にすぎないのかも。 


104: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:34:34.90 
>>1 
これ、例の親戚の顔でしょ? 


122: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 09:38:41.63 
>>1 
綺麗なジャイアンw 

イケメンじゃんw 


187: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:26:21.05 
>>1 
今までのと同じじゃん 


193: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:36:37.06 
>>1 
西郷の銅像見て妹が誰?って言ってたんだっけ 


196: 幕末まとめ 2018/01/16(火) 10:42:19.39 
>>193 
奥さんが「こんな人じゃない」みたいなことを言ったらしいよ。  
大河では黒木華がオープニングでやっていたな。 

続きを読む

1: 幕末まとめ  2018/01/05(金) 13:18:19.74
1

大河ドラマ『西郷どん』が1月7日に初回放送を迎える。
林真理子氏の人気原作を、脚本家の中園ミホ氏がどうアレンジするかに注目が集まる。

そんななか、さっそく原作にはない衝撃展開が待っていると、NHK関係者が明かす。

「20代の西郷が、薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)を裏切り、
斉彬の娘・篤姫(北川景子)との逃避行を決意するんです。
原作でも史実でもこの頃、篤姫との絡みはほぼなかったはずなので、台本を読んで驚きました」

ドラマでは身分の差もどこへやら、西郷が江戸の藩邸勤めになると篤姫との親交は一気に深まる。
斉彬の悲願であった13代将軍徳川家定(又吉直樹)との結婚に思い悩む篤姫。
そんななか発生した安政の大地震で、西郷は余震も収まらぬなか篤姫を探しに行く。
無事を確認した矢先、大きな余震が発生。
落ちてくる瓦礫から守るため、西郷は篤姫の上に覆い被さる体勢に。

すると、篤姫が西郷を見つめ、
「西郷、一緒に逃げよう」「このまま私を連れ去ってほしい」と囁くのだ。
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_640721?ptadid=


続きを読む

1: 幕末まとめ 2018/01/02(火) 07:35:44.82 _USER9
1/1(月) 13:05 産経新聞

大河「西郷どん」1月7日スタート 鈴木亮平「今年1年はささげるつもりで」

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」が7日、スタートする。
原作・林真理子、脚本・中園ミホという女性陣が描く西郷隆盛を演じるのは鈴木亮平(34)。
多くの日本人がこれまで持つ西郷像とは一味違う、新たな西郷を見せてくれそうだ。(兼松康)

 「走って、汗かいて、泣いて、笑って、叫ぶ。エネルギッシュな西郷が描かれています」

 西郷隆盛に抱いていたイメージといえば、「どっしりと構えて動じず、無口で男っぽい」というものだった。
多くの日本人が抱くものとそう変わらないといえるかもしれない。だが今年1年は、とにかく涙もろく、よく泣く西郷を演じる。

 これは自身が感じる西郷の魅力にもつながる。その魅力は“共感力”。「目の前にいる相手の気持ちになれる力が高い。
相手の痛み、喜びを自分のことのようにとらえる」といい、相手が困っていれば泣き、喜んでいればともに喜ぶ西郷の姿を、1年を通して画面で見ることになりそうだ。

 以前から、「大河ドラマに出たい」と公言していたが、「思っていたよりも早いタイミングだった。びっくり」と明かす。
さらに「共演者は大先輩や第一線で活躍する方ばかり。毎日刺激をもらい、“師匠”らに代わる代わる自分を引き上げてもらう感覚は、大河でしか味わえない」と喜ぶ。

 共演者の中でも、島津斉彬役の渡辺謙(58)は別格だ。役柄とも相まって「普段緊張することはあまりないけど、さすがに緊張しますね」と打ち明ける。
鈴木が見た渡辺は「すごくストイックで、背負っているものや経験している重みが違う。目力もすごい」。世界のひのき舞台で活躍する先輩俳優への敬愛を隠そうとしない。

 今回の主演にあたり、渡辺が主演した大河「独眼竜政宗」(昭和62年)を見直した。
政宗が父・輝宗を犠牲にして敵を討つシーンで、「その緊迫感や漂う本気度にすごく感銘を受けた。その本気度を全ての話で一度は出していきたい」と感じた。
「大先輩だし、敬愛する相手であるからこそ、肩を並べるつもりで行ったら負ける」と“渡辺超え”を果たすつもりで臨む。
「大河の偉業や技を勉強するのが僕らの義務。なるべくたくさん吸収して、年を取ったときにはそれを伝えていかなきゃならない」と主演の役割もしっかりと認識している。

 「西郷さんという歴史上の人物が、しばらく自分のイメージになる。今年1年は『西郷どん』にささげるつもりで、演じるだけでなく、西郷どんとして生きたと感じられたらいいな、と思います」。
その目が日本の将来を見据えた西郷隆盛のそれと重なって見えた。


「西郷どん」で、相撲をとるシーンも印象的に演じている鈴木亮平。この勢いで大河主演の1年を突き進む(春名中撮影)(写真:産経新聞)
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000526-san-ent


続きを読む

1: 名無しさん 2017/12/11(月) 19:42:19.59 _USER9
鹿児島の旧家に西郷隆盛の書 西南戦争前の気持ち記す?
2017/12/11 19:23
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201712/sp/0010809282.shtml

鹿児島県薩摩川内市の旧家で保管されていた書が、明治維新で活躍後に西南戦争で政府軍に敗れた西郷隆盛の直筆と判明したことが11日、分かった。
西南戦争の約2年前に記されたとされ、「世間を渡る道は曲がりくねっている」などと自身の人生とも重なるような内容。
当時の気持ちを表したのではないかと、関係者の注目を集めている。

市は近く、旧家付近の資料館で展示を始める予定。来年は明治維新150年の節目で、今回の発見が話題づくりの追い風になると期待している。
市文化課によると、書は縦約2メートルの掛け軸。裏側の記述から西南戦争2年前の1875(明治8)年作とみられる。

no title

 鹿児島県薩摩川内市の旧家で保管され、西郷隆盛の直筆と判明した書


続きを読む

↑このページのトップヘ