幕末ちゃんねる

幕末史中心の2chまとめサイト

タグ:議論

1: 幕末まとめ 2017/05/13(土)19:30:45
大中黒旗
no title

いまの日章旗と比べてどうや?
12: 幕末まとめ 2017/05/13(土)19:32:48 
よわそう 

11: 幕末まとめ 2017/05/13(土)19:32:42 
エストニアかな? 

10: 幕末まとめ 2017/05/13(土)19:32:40 
なんかドイツの諸公国にありそう 

3: 幕末まとめ 2017/05/13(土)19:31:18 
葬式会場みたい 

引用元: ・徳川幕府が考案した日本国旗ってどう思う?

続きを読む

1: 幕末まとめ 2017/04/11(火) 09:25:39.39 _USER
45

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、
井伊直虎は、今川方から井伊家に入った井伊次郎だったと幕末に記した史料が新たに見つかり、
井伊美術館(京都市)が10日、発表した。
ドラマ上では、井伊直盛の娘「次郎法師」が直虎を名乗っているが、
同美術館は直虎・男説を補強する史料としている。


 昨年も、別史料から直虎は今川家重臣の息子・井伊次郎だったと発表していた。
同美術館によると、直虎の名前が書かれた文書は「次郎直虎」と書かれた
永禄11(1568)年の書状だけで、今回が2例目という。


 新史料は、井伊家の家臣に伝来した「河手家系譜」。
文政13(1830)年ごろにまとめられ、幕末に加筆された。
加筆部分で「井ノ直虎」は「次郎也」とあり、
「今川之物也」と説明。次郎法師は直盛の娘との記述もあった。


 永禄11年、徳川家康が井伊家の本拠地だった遠江(静岡県西部)に侵攻した際
「直虎は花沢(焼津市付近)に逃げる途中に討ち死にした」と最期の様子も記していた。


 大河ドラマの時代考証を務める小和田哲男静岡大名誉教授(戦国史)は
「幕末の二次史料ながら、河手家系譜の『この次郎は御家にあらず。今川のものなり』と、
『井ノ直虎』の横に朱字で『次郎也』とある部分は注目される。
史料紹介なり論文の形で公になった時点で検討したい」とコメントしている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170411/lif1704110008-n1.html
8: 幕末まとめ 2017/04/11(火) 09:34:59.83 
別にどっちでもいいけど 
一般論で言うなら300年後近い幕末の史料じゃ補強材料にならないのでは 

46: 幕末まとめ 2017/04/11(火) 15:53:11.17 
>>8 
それ言うなら直虎の存在なんて史料ほぼ皆無の妄想になってしまう 


続きを読む

1
1: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:16:22.41
すぐにオワコンになるなんて

81: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 06:15:41.33 
勝海舟は英蘭辞典使って英語の勉強したらしいから 
いきなり英語を始めるよりアドバンテージはあったやろ 


7: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:26:48.85 
大村益次郎やんけ 


21: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:33:48.60 
>>7 
なお英語もあっという間にマスターした模様 ソースは福沢論吉 


61: 幕末まとめ 2017/03/19(日) 05:57:24.23 
>>7 
本人がオワコンになるの早すぎ 

続きを読む

38
1: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:12:37.76 _USER9
 明治維新は歴史の教科書やドラマなどの中では、新しい時代の幕開けとして、華々しくドラマチックに描かれています。しかし、上から目線で描かれた史実と庶民目線の真実とは大きくかけ離れているようです。

庶民目線の幕末を記した史料の代表格といえばかわら版。それを読み解けば、庶民は旧幕府軍と新政府軍の戦いをどのように見つめていたのがよくわかります。もともとかわら版は幕府に発行を禁じられていましたが、

ゆるいネタだと黙認されていることもしばしば。しかし、政治ネタを扱うのは御法度で、見つかれば死刑も免れなかったと言われています。そこは抜け目なきかわら版屋。庶民の知りたい気持ちに応えつつ、さらにヒットを目指す策を講じました。

変わりゆく時代を庶民の立場で報じた幕末のかわら版を大阪学院大学、准教授の森田健司さんが解説します。

以下ソース元で、THE PAGE 3/14(火) 18:10
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000005-wordleaf-soci

46: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:47:54.76 
日本の「ジャーナリズム」の歴史は大したもんだよ、世界一かも。 
太平記は南北朝の争乱を書いているが同時進行形のドラマだったのだ。 
「太平記読み」という輩が辻立ちして庶民に読み聞かせていたが 
「内容が違っている」と文句をつけた奴がいる。足利尊氏の弟、直義だ。 
その他、人目に付く場所に貼る落首など日本はずいぶん昔から政治報道は 
自由に世間に流通していたようだ。 


25: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:26:44.82 
現代の新聞社よりジャーナリズムと気骨に溢れてたろうさ。 

見なくても解る。 


13: 幕末まとめ 2017/03/14(火) 22:20:52.60 
一概に政治犯全部死刑だった訳じゃないのに 
八丈島に流され島娘をめとって子孫を残したのもいる 
井伊がやり過ぎただけ 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/23(木) 20:59:04.78
56

もちろん、歴史学者が書いた本じゃなくて専門外の人たちが書いた本ばかりなんだが
薩長は残虐なテロリストで明治維新は間違いだらけ、洗脳なんだとさ

納得いかん

2: 名無しさん 2017/02/23(木) 20:59:30.21 
残虐なのは確かだが、しゃーないだろ時代変えるためには 


19: 名無しさん 2017/02/23(木) 21:01:34.46 
原田伊織は幕末明治期の研究者にとっては一時期の江戸しぐさ並に叩かれてるな 
実際言ってる内容ひどすぎやししゃーない 


20: 名無しさん 2017/02/23(木) 21:01:39.25 
勝てば官軍 

続きを読む

↑このページのトップヘ